○石岡市消防手帳規則

平成17年10月1日

規則第171号

第1条 消防職員の身分を証明するために貸与する手帳は,この規則の定めるところによる。

第2条 手帳の制式は,次のとおりとし,その型状及び寸法は,別表のとおりとする。

(1) 表紙は,黒色の革製又はこれに類するものとする。

(2) 中央上部に消防章を,その下部に石岡市消防本部をそれぞれ金色で表示し,背部に鉛筆差しを設け,その下端に長さ45センチメートルの黒色のひもを付ける。

(3) 用紙は,恒久用紙と記載用紙とに分け,いずれも差換え式とする。

(4) 表扉には,上部中央に庁印を押印して手帳番号,所属階級,氏名及び貸与年月日を記し,消防長の認印を押印する。

第3条 職務執行に際し,消防職員である証票を示す必要があるときは,手帳により階級氏名及び庁印押印の部を提示するものとする。

第4条 手帳の取扱いは,特に慎重を期し,職務に服するときは,常にこれを携帯しなければならない。ただし,当務中火災現場に赴く場合は,この限りでない。

第5条 手帳の貸与その他については,消防手帳整理一覧表によってこれを整理するものとする。

第6条 手帳の携帯に際しては,遺失又は紛失等しないようその取扱いに慎重を期さなければならない。

第7条 手帳表皮内側の名刺入れには,常に5枚以上の名刺を納め携帯しなければならない。

第8条 前条の名刺は,所属階級,氏名等職務執行上必要の事項により調製するものとする。

附 則

この規則は,平成17年10月1日から施行する。

別表(第2条関係)

画像

石岡市消防手帳規則

平成17年10月1日 規則第171号

(平成17年10月1日施行)

体系情報
第12編 防/第1章 消防本部・消防署
沿革情報
平成17年10月1日 規則第171号