○石岡市障害者給付審査会規則

平成18年6月28日

規則第37号

(趣旨)

第1条 この規則は,障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(平成17年法律第123号。以下「法」という。)第15条の規定により設置する石岡市障害者給付審査会(以下「審査会」という。)の組織及び運営に関し,法,障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律施行令(平成18年政令第10号。以下「政令」という。),障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律施行規則(平成18年厚生労働省令第19号。以下「省令」という。)及び石岡市障害者給付審査会の委員の定数等を定める条例(平成18年石岡市条例第58号。以下「条例」という。)に定めるもののほか,必要な事項を定めるものとする。

(平25規則31・一部改正)

(会議)

第2条 会長は,会議の議長となる。

(合議体)

第3条 政令第8条第1項に規定する合議体の数は,1とする。

2 合議体を構成する委員の定数は,6人以内とする。

3 合議体の会議は,政令第8条第2項に規定する合議体の長が招集する。

4 合議体の長に事故があるとき,又は欠けたときは,あらかじめその指名する委員がその職務を代理する。

(除斥)

第4条 審査会の委員が,審査対象者が入所等をしている施設等に所属する者である場合は,当該審査対象者の審査及び判定に限って,当該委員は判定に加わることはできない。ただし,当該審査対象者の状況等について,意見等を述べることはできるものとする。

(守秘義務)

第5条 審査会の委員は,職務上知り得た秘密をほかに漏らしてはならない。その職を退いた後も同様とする。

(庶務)

第6条 審査会の庶務は,保健福祉部社会福祉課において処理する。

(その他)

第7条 この規則に定めるもののほか,審査会の運営に関し必要な事項は,会長が審査会に諮って定める。

附 則

この規則は,平成18年7月1日から施行する。

附 則(平成25年3月29日規則第31号)

この規則は,平成25年4月1日から施行する。

石岡市障害者給付審査会規則

平成18年6月28日 規則第37号

(平成25年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第5節 障害者福祉
沿革情報
平成18年6月28日 規則第37号
平成25年3月29日 規則第31号