○石岡市国民宿舎つくばね規則

平成18年8月31日

規則第52号

石岡市国民宿舎「つくばね」規則(平成17年石岡市規則第134号)の全部を改正する。

(趣旨)

第1条 この規則は,石岡市国民宿舎つくばね条例(平成18年石岡市条例第41号。以下「条例」という。)第15条の規定に基づき,石岡市国民宿舎つくばね(以下「国民宿舎」という。)の利用に関し必要な事項を定めるものとする。

(利用の申込み)

第2条 条例第6条の規定により,国民宿舎の利用の承認を受けようとする者は,国民宿舎つくばね利用申込書(別記様式)により指定管理者に申し込まなければならない。

2 前項の申込みは,利用しようとする日から起算して3箇月前から行うことができる。

(予約金の返還)

第3条 指定管理者は,次の各号のいずれかに該当する場合は,条例第9条第3項の規定により納付された予約金を,返還するものとする。

(1) 前条の規定により利用しようとする初日前7日(15人以上の団体にあっては,10日)までに利用が取り消されたとき。

(2) 管理者の責めに帰すべき事由により利用できなくなったとき。

(3) その他指定管理者が必要と認めるとき。

(利用料金の減額)

第4条 指定管理者は,利用者が条例第11条の規定に該当する者であると証明するものを提示して利用した場合は,別表の区分に基づき利用料金を減額するものとする。

(利用者の遵守事項)

第5条 国民宿舎の利用者は,次に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 国民宿舎の施設,設備,備品等を滅失し,又はき損しないこと。

(2) 他の利用者に危害を加え,又は迷惑を及ぼす行為をしないこと。

(3) 前2号に掲げるもののほか,係員が指示する事項

(協定)

第6条 指定管理者は,市長と国民宿舎の管理に関する協定を締結する。

(その他)

第7条 この規則に定めるもののほか,国民宿舎の管理運営に関し必要な事項は,市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は,平成18年9月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに,この規則による改正前の石岡市国民宿舎「つくばね」規則(平成17年石岡市規則第134号)の規定によりなされた処分,手続その他の行為は,この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

別表(第4条関係)

(単位:円)

利用区分

減額する額

大人

小学校児童

宿泊

1人1泊につき

100

100

休憩

1人1日につき

70

50

会議室(洋室)

1室につき

100

300

広間(和室)

1室につき

100

300

備考 この表に掲げる金額のほか,宿泊に広間を利用する場合は,1人につき100円を減額する。

画像

石岡市国民宿舎つくばね規則

平成18年8月31日 規則第52号

(平成18年9月1日施行)