○石岡市建築営繕指導員要綱

平成19年3月30日

訓令第55号

(趣旨)

第1条 この訓令は,石岡市嘱託員の任用等に関する規程(平成17年石岡市訓令第46号)に定めるもののほか,石岡市建築営繕指導員(以下「建築営繕指導員」という。)の勤務条件等に関し必要な事項を定めるものとする。

(資格)

第2条 建築営繕指導員は,原則として,1級建築士の資格を有する者又は地方公共団体における営繕業務の経験を有する者とする。

(提出書類)

第3条 建築営繕指導員の任用を受けようとする者は,次に掲げる書類を提出しなければならない。

(1) 履歴書

(2) 1級建築士免許状の写し

(3) 健康診断書

(4) 誓書

(提出書類の変更届出)

第4条 前項の提出書類の記載事項に変更が生じた場合は,当該変更事項について速やかに届け出なければならない。

(任用期間)

第5条 建築営繕指導員の任用期間は,1年とする。ただし,再任を妨げないものとする。

(職務内容)

第6条 建築営繕指導員は,次の職務を行うものとする。

(1) 市有建築物に係る設計及び工事の技術的監督

(2) その他市有建築物に関すること。

(勤務時間及び休憩時間)

第7条 勤務日及び勤務時間は,1週間につき30時間(休憩時間を除く。)とし,月曜日から金曜日までの毎日午前8時30分から午後5時15分までの間で,都市建設部長が定める。

2 休憩時間は,午後0時から午後1時までとする。

(平21訓令14・一部改正)

(報酬)

第8条 建築営繕指導員の基本報酬は,月額24万700円とし,臨時報酬は,年2月分を限度として支給することができる。

(勤務場所)

第9条 建築営繕指導員の勤務場所は,石岡市都市建設部建築住宅指導課とする。

(その他)

第10条 この訓令に定めるもののほか,建築営繕指導員に関し必要な事項は,市長が別に定める。

附 則

この訓令は,平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成21年12月24日訓令第14号)

この訓令は,平成22年1月1日から施行する。

石岡市建築営繕指導員要綱

平成19年3月30日 訓令第55号

(平成22年1月1日施行)