○石岡市障害者等団体補助金交付要綱

平成20年4月1日

告示第154号

(趣旨)

第1条 この告示は,障害者福祉の増進を図るため,障害者等の団体に対し,予算の範囲内において,補助金を交付するものとし,当該補助金の交付に当たっては,石岡市補助金等交付規則(平成17年石岡市規則第57号)に定めるもののほか,この告示に定めるところによる。

(補助対象事業等)

第2条 補助事業者となる障害者等の団体,補助対象事業,補助対象経費及び交付額等は,別表のとおりとする。

(交付申請)

第3条 補助金の交付を受けようとする補助事業者となる障害者等の団体は,障害者等団体補助金交付申請書(様式第1号)を市長が定める期日までに提出しなければならない。

(交付決定)

第4条 市長は,前条の規定により申請があったときは,内容を審査し,適当と認めるときは,補助事業者に対し,障害者等団体補助金交付決定通知書(様式第2号)により通知するものとする。

(交付条件)

第5条 この補助金の交付に当たっては,次に掲げる条件を付すものとする。

(1) 補助事業者は,補助事業を中止し,又は廃止しようとするときは,あらかじめその理由を記載した書面により,市長の承認を受けなければならない。

(2) 補助事業者は,補助事業が予定の期間内に完了しないとき,又はその遂行が困難になったときは,速やかに,書面により市長に報告し,その指示を受けなければならない。

(3) 補助事業者は,補助事業に係る帳簿その他の証拠書類を整理し,補助事業完了の翌年度から起算して5年間保存しなければならない。

(概算払)

第6条 市長は,補助事業の円滑な遂行上必要と認めるときは,この補助金の交付について,概算払することができる。

2 補助事業者は,前項の規定により概算払を受けようとするときは,概算払を必要とする事由を記載した概算払申請書を市長に提出するものとする。

(実績報告)

第7条 補助事業者は,補助事業が完了したとき,又は補助事業を中止若しくは廃止したときは,当該補助事業が完了した日から起算して30日を経過した日又は当該年度の3月31日のいずれか早い日までに,障害者等団体補助金実績報告書(様式第3号)を市長に提出しなければならない。

2 前条の規定により概算払を受けた補助事業者は,前項の実績報告書を提出する際に,概算払精算書を併せて提出しなければならない。

(その他)

第8条 この告示に定めるもののほか,必要な事項は,市長が別に定める。

附 則

この告示は,公布の日から施行する。

別表(第2条関係)

補助事業者となる団体名

補助対象事業

補助対象経費

交付額等

(1) 石岡市身体障害者福祉協議会

(2) 石岡市心身障害者父母の会

(3) 石岡市手をつなぐ育成会野ばらの会

(4) 石岡地域精神障害者後援会

(1) 団体の運営事務

(2) 家族教室,研修会,講習会等の開催事業

(3) 障害者,障害児を対象とした野外訓練,療育キャンプ

(4) 障害者スポーツ大会の参加を含む障害者の社会参加及び地域交流を促進する事業

(5) その他市長が必要と認める事業

補助対象事業に要する経費のうち,報償費,旅費,需用費(消耗品費,食糧費,印刷製本費),役務費(通信運搬費,手数料),使用料及び賃借料,備品購入費,負担金等の経費。ただし,原則として飲食費及び宿泊等視察経費については,補助対象外とする。

補助金の交付額は,各団体ごとに当該年度予算で定める額以内の定額補助とする。

画像

画像

画像

石岡市障害者等団体補助金交付要綱

平成20年4月1日 告示第154号

(平成20年4月1日施行)