○悪臭原因物の排出の規制地域及び規制基準

平成24年4月1日

告示第140号

悪臭防止法(昭和46年法律第91号。以下「法」という。)第3条の規定に基づく工場その他の事業場における事業活動に伴って発生する悪臭原因物の排出を規制する地域(以下「規制地域」という。)を次の1のとおり指定し,法第4条第1項の規定に基づく規制基準を次の2のとおり定め,告示の日から施行する。

1 指定する区域

A区域 別図のとおり

B区域 別図のとおり

2 規制基準

(1) 法第4条第1項第1号の規制に基づく事業場の敷地の境界線の地表における規制基準

(単位:ppm)

地域の区分

特定悪臭物質

A区域

B区域

アンモニア

1

2

メチルメルカプタン

0.002

0.004

硫化水素

0.02

0.06

硫化メチル

0.01

0.05

二硫化メチル

0.009

0.03

トリメチルアミン

0.005

0.02

アセトアルデヒド

0.05

0.1

プロピオンアルデヒド

0.05

0.1

ノルマルブチルアルデヒド

0.009

0.03

イソブチルアルデヒド

0.02

0.07

ノルマルバレルアルデヒド

0.009

0.02

イソバレルアルデヒド

0.003

0.006

イソブタノール

0.9

4

酢酸エチル

3

7

メチルイソブチルケトン

1

3

トルエン

10

30

スチレン

0.4

0.8

キシレン

1

2

プロピオン酸

0.03

0.07

ノルマル酪酸

0.001

0.002

ノルマル吉草酸

0.009

0.002

イソ吉草酸

0.001

0.004

(2) 法第4条第1項第2号の規定に基づく事業場の煙突その他の気体排出施設の排出口における規制基準

(1)で定める規制基準を基礎として,悪臭防止法施行規則(昭和47年総理府令第39号)第3条に定める方法により算出した特定悪臭物質(メチルメルカプタン,硫化メチル,二硫化メチル,アセトアルデヒド,スチレン,プロピオン酸,ノルマル酪酸,ノルマル吉酸及びイソ吉草酸を除く。)の種類ごとの流量とする。

(3) 法第4条第1項第3号の規定に基づく事業場の敷地外における規制基準

(1)で定める規制基準を基礎として,悪臭防止法施行規則第4条に定める方法により算出した特定悪臭物質(アンモニア,トリメチルアミン,アセトアルデヒド,プロピオンアルデヒド,ノルマルブチルアルデヒド,イソブチルアルデヒド,ノルマルバレルアルデヒド,イソバレルアルデヒド,イソブタノール,酢酸エチル,メチルイソブチルケトン,トルエン,スチレン,キシレン,プロピオン酸,ノルマル酪酸,ノルマル吉草酸及びイソ吉草酸を除く。)の種類ごとの排出水中の濃度とする。

悪臭原因物の排出の規制地域及び規制基準

平成24年4月1日 告示第140号

(平成24年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第3章 生/第2節 環境衛生
沿革情報
平成24年4月1日 告示第140号