○石岡市農政協力員条例

平成25年3月21日

条例第23号

(目的)

第1条 この条例は,農家と市行政機関等との相互連携を図るため,農政協力員を設置することにより,農政事業を効果的に推進することを目的とする。

(設置地区)

第2条 農政協力員の設置地区(以下「地区」という。)については,別に規則で定める。

(職務)

第3条 農政協力員の職務は,次のとおりとする。

(1) 農業振興の推進に関すること。

(2) 病害虫及び農作物等の災害の被害に関すること。

(3) 市行政機関等からの文書の配布等に関すること。

(4) 生産調整の推進に関すること。

(5) その他市長が必要と認める事項に関すること。

(委嘱)

第4条 農政協力員は,地区から推薦された者を市長が委嘱する。

(任期)

第5条 農政協力員の任期は,原則として委嘱した日から1年とする。ただし,補欠による農政協力員の任期は,前任者の残任期間とする。

2 前項の規定にかかわらず,農政協力員の任期は,当該地区で別に定めるときはその任期によるものとし,再任することができる。

(報酬等)

第6条 農政協力員の報酬及び費用弁償については,石岡市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例(平成17年石岡市条例第49号)の定めるところによる。

(委任)

第7条 この条例に定めるもののほか,農政協力員に関し必要な事項は,市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は,平成25年4月1日から施行する。

(石岡市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正)

2 石岡市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例(平成17年石岡市条例第49号)の一部を次のように改正する。

〔次のよう〕略

石岡市農政協力員条例

平成25年3月21日 条例第23号

(平成25年4月1日施行)