○石岡市在宅医療・介護連携推進会議要綱

平成28年3月31日

告示第167号

(設置)

第1条 医療及び介護を必要とする状態の高齢者が,住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるよう,在宅医療及び介護の連携を推進するため,石岡市在宅医療・介護連携推進会議(以下「在宅医療・介護連携推進会議」という。)を設置する。

(所掌事務)

第2条 在宅医療・介護連携推進会議の所掌事務は,次のとおりとする。

(1) 在宅医療・介護連携の現状把握と課題の抽出,解決策等の検討

(2) その他在宅医療・介護連携に関し必要な事項

(組織)

第3条 在宅医療・介護連携推進会議の委員は,次に掲げる機関等からの推薦を受けた者のうちから市長が委嘱し,又は任命する。

(1) 一般社団法人石岡市医師会

(2) 石岡市歯科医師会

(3) 一般社団法人石岡薬剤師会

(4) 一般社団法人茨城県リハビリテーション専門職協会

(5) 公益社団法人茨城県看護協会

(6) 公益社団法人茨城県栄養士会

(7) 一般社団法人茨城県ソーシャルワーカー協会

(8) 石岡市ケアマネジャー等連絡協議会

(9) 石岡市地域密着型介護サービス事業所協議会

(10) 茨城県土浦保健所

(11) 石岡市消防本部

(12) 生活環境部保険年金課

(13) 保健福祉部社会福祉課及び健康増進課

(14) 社会福祉法人石岡市社会福祉協議会

(15) その他市長が必要と認める者

(任期)

第4条 在宅医療・介護連携推進会議の委員の任期は,2年とする。ただし,再任は妨げない。

2 補欠により就任した委員の任期は,前任者の残任期間とする。

(会長及び副会長)

第5条 在宅医療・介護連携推進会議に,会長1人及び副会長1人を置く。

2 会長及び副会長は,委員の互選により定める。

3 会長は,会務を総理し,会議を代表する。

4 副会長は,会長を補佐し,会長に事故あるとき,又は会長が欠けたときは,その職務を代理する。

(会議)

第6条 在宅医療・介護連携推進会議の会議は,会長が招集し,その議長となる。

2 会議は,委員の過半数が出席しなければ,開くことができない。

3 会議の議事は,出席委員の過半数をもって決し,可否同数のときは,議長の決するところによる。

4 在宅医療・介護連携推進会議は,必要に応じて委員以外の者の出席を求め,意見及び説明を求めることができるものとする。

(庶務)

第7条 在宅医療・介護連携推進会議の庶務は,石岡市地域包括支援センターにおいて処理する。

(その他)

第8条 この告示に定めるもののほか,必要な事項は,別に定める。

附 則

この告示は,平成28年4月1日から施行する。

石岡市在宅医療・介護連携推進会議要綱

平成28年3月31日 告示第167号

(平成28年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第4節 高齢福祉
沿革情報
平成28年3月31日 告示第167号