○平成30年度石岡市観光協会補助金交付要綱

平成30年3月30日

告示第164号

(趣旨)

第1条 この告示は,本市の観光振興を図るため,石岡市観光協会(以下「協会」という。)が行う事業に対し,補助金を交付するものとし,当該補助金交付については,石岡市補助金等交付規則(平成17年石岡市規則第57号)に定めるもののほか,この告示に定めるところによる。

(交付対象経費)

第2条 この補助金の交付対象経費は,次に掲げる事業に要する経費とする。ただし,交際費,慶弔費及び飲食費への補助金の充当は禁止する。

(1) 市の観光宣伝及び紹介並びに観光客の誘致あっせんに関する事業

(2) 観光情報の収集提供に関する事業

(3) 街づくり方策の調査研究に関する事業

(4) 史跡名勝の保存保全に関する事業

(5) 郷土文化の助長発展に関する事業

(6) 観光に関する調査研究及び観光資源の開発に関する事業

(7) 観光施設の整備改善及び環境美化の推進に関する事業

(8) 観光土産品及び優秀商品の宣伝,紹介,指導,推奨及び販売に関する事業

(9) 観光果樹の振興に関する事業

(10) 観光関係団体等との連携及び調整に関する事業

(11) 観光関係産業の啓発普及に関する事業

(12) グリーンツーリズムの振興に関する事業

(13) フィルムコミッションの誘致及び推進に関する事業

(14) 観光諸行事の実施に関する事業

(15) 筑波山地域ジオパークの推進に関する事業

(16) 広域的な観光推進に関する事業

(17) 前各号に掲げるもののほか,市長が特に必要と認める事業

(補助金額)

第3条 補助金の額は,市長が当該年度予算の範囲内で決定する額とする。

(交付申請)

第4条 協会が補助金の交付を受けるときは,観光協会補助金交付申請書(様式第1号)に関係書類を添えて,市長に提出しなければならない。

(交付決定)

第5条 市長は,前条の交付申請があった場合は,その内容を審査し,補助金を交付することに決定したときは,観光協会補助金交付決定通知書(様式第2号)により協会に通知するものとする。

2 市長は,補助金の交付の決定に当たっては,必要な指示又は条件を付することができる。

(概算払)

第6条 市長は,必要があると認めるときは,補助金を概算払により交付することができる。

(交付決定の取消し等)

第7条 市長は,次の各号のいずれかに該当する場合は,既に決定した補助金の交付を取り消し,又は既に交付した補助金の全部若しくは一部の返還を命ずることができる。

(1) 補助金を補助対象経費以外に充当したと認めるとき。

(2) 偽りの申請その他不正行為により,補助金の交付を受けたとき。

(3) その他市長の指示又は条件に従わなかったとき。

(実績報告)

第8条 協会は,当該年度の末日までに観光協会補助金実績報告書(様式第3号)に関係書類を添付し,市長に提出しなければならない。

(補助金の額の確定)

第9条 市長は,前条の規定による実績報告の審査及び必要に応じて行う調査により,補助金の交付決定の内容等に適合すると認めるときは,交付すべき補助金の額を確定し,観光協会補助金確定通知書(様式第4号)により,協会に通知するものとする。

(関係書類の保管等)

第10条 協会は,当該補助金の交付対象経費に係る収入支出を明らかにした帳簿及び証拠書類を整備し,事業補助完了の翌年度から起算して5年間これを保管しなければならない。

(その他)

第11条 この告示に定めるもののほか,必要な事項は,市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この告示は,平成30年4月1日から施行する。

(平成29年度石岡市観光協会補助金交付要綱の廃止)

2 平成29年度石岡市観光協会補助金交付要綱(平成29年石岡市告示第175号)は,廃止する。

画像

画像

画像

画像

平成30年度石岡市観光協会補助金交付要綱

平成30年3月30日 告示第164号

(平成30年4月1日施行)