○石岡市高齢者インフルエンザワクチン予防接種助成事業実施要綱

平成30年8月28日

告示第415号

(趣旨)

第1条 この告示は,予防接種法(昭和23年法律第68号)第5条第1項に規定するインフルエンザ予防接種(以下「予防接種」という。)に関し,必要な事項を定めるものとする。

(対象者)

第2条 予防接種にかかる費用の一部助成の対象者は,接種日現在,本市の住民基本台帳に登録があり,予防接種法施行令(昭和23年政令第197号。以下「令」という。)第1条の3に規定する定期の予防接種の対象となるもの(以下「対象者」という。)とする。ただし,1月1日から3月31日までの期間に新たに対象者となるものは,接種日の属する年度の対象者としない。

(令元告示438・一部改正)

(助成期間)

第3条 予防接種費用の助成期間は,10月1日から翌年1月31日までとする。

(平30告示578・一部改正)

(助成額及び回数)

第4条 助成額は2,000円とし,回数は1回とする。ただし,生活保護世帯は,全額助成とする。

(助成方法)

第5条 対象者は,本市が契約した医療機関(以下「契約医療機関」という。)において,予防接種に要する費用のうち,助成額を差し引いた額を自己負担として,契約医療機関に支払うものとする。契約医療機関以外で予防接種を受けた場合は,当該予防接種を受けた日の属する年度の末日までに,高齢者インフルエンザワクチン予防接種費用助成申請書兼請求書(様式第1号)に予防接種を実施した証(領収書等)を添えて市長に提出するものとする。ただし,市長がやむを得ない理由があると認めるときは,予防接種が終了した日の属する年度の翌年度に申請することができるものとする。

(令元告示438・一部改正)

(交付決定)

第6条 市長は,前条の申請があったときは,その内容を審査し,支給の可否を決定したときは,高齢者インフルエンザワクチン予防接種費用助成交付決定(却下)通知書(様式第2号)により,申請者に通知するものとする。

(助成金の返還)

第7条 市長は,申請者が偽りの申請その他不正の手段により助成の支給を受けたと認めたときは,助成金の全部を返還させることができる。

(その他)

第8条 この告示に定めるもののほか,必要な事項は,市長が別に定める。

附 則

この告示は,平成30年10月1日から施行する。

附 則(平成30年12月28日告示第578号)

この告示は,公布の日から施行する。

附 則(令和元年9月30日告示第438号)

この告示は,令和元年10月1日から施行する。

画像

画像

石岡市高齢者インフルエンザワクチン予防接種助成事業実施要綱

平成30年8月28日 告示第415号

(令和元年10月1日施行)

体系情報
第8編 生/第3章 生/第1節 保健衛生
沿革情報
平成30年8月28日 告示第415号
平成30年12月28日 告示第578号
令和元年9月30日 告示第438号