○令和元年度豚コレラ侵入防止緊急支援事業利子補給金交付要綱

令和2年2月7日

告示第37号

(趣旨)

第1条 この告示は,国内で発生が確認されている豚コレラの侵入防止,拡大防止のため,独立行政法人農畜産業振興機構(以下「ALIC」という。)が定めるアフリカ豚コレラ侵入防止緊急支援事業実施要綱(令和元年8月9日付け元農畜機第3072号。以下「実施要綱」という。)に基づき事業計画の承認を受け,防護柵等を設置する設置資金として金融機関等から設置資金を借り受けた養豚経営体(以下「借受者」という。)に対し,予算の範囲内で利子補給を行うものとし,当該利子補給金の交付については,石岡市補助金等交付規則(平成17年石岡市規則第57号。以下「規則」という。)に定めるもののほか,この告示に定めるところによる。

(対象)

第2条 この告示において,前条の利子補給を受けることのできる借受者は,石岡市に農場等を有する者とし,対象となる利子は,ALICが定める実施要綱に基づき設置する防護柵等の設置資金として借り受けた利子とする。

(利子補給金額等)

第3条 利子補給金の額は,借入利率の全額とする。

 利子補給金の交付期間は,借入後,茨城県畜産協会アフリカ豚コレラ侵入防止緊急支援事業実施要領(令和元年9月24日付け茨畜発第537号)及び豚コレラ侵入防止緊急対策事業費補助金交付要項(令和元年10月7日付け畜第802号)並びに平成31年度石岡市農林漁業振興等事業補助金交付要綱(平成31年石岡市告示第155号)による補助金交付月までの期間の利子とする。

(利子補給金の交付申請)

第4条 この告示により利子補給金の交付を受けようとする金融機関等は,豚コレラ侵入防止緊急支援事業利子補給金交付申請書(様式第1号)及び利子補給明細書を市長に提出しなければならない。

(利子補給金の交付決定)

第5条 市長は,前条の規定により利子補給金の交付申請があった場合は,内容を審査し,交付すべきものと認めるときは,豚コレラ侵入防止緊急支援事業利子補給金交付決定通知書(様式第2号)により金融機関等に通知するものとする。

(利子補給金の変更)

第6条 金融機関等は前条の規定による通知を受けた後,利子補給金に変更が生じたときは,豚コレラ侵入防止緊急支援事業利子補給金変更申請書(様式第3号)に市長が必要と認める書類を添えて,提出しなければならない。

 市長は,前項の規定により申請があった場合において,当該申請の内容が適正であると認めるときは,その承認をするものとする。この場合において,補助金の交付決定額の変更を必要とするときは,豚コレラ侵入防止緊急支援事業利子補給金変更交付決定通知書(様式第4号)により補助事業者へ通知するものとする。

(利子補給金交付の取消し等)

第7条 市長は,この告示により利子補給に係る設置資金を借り受けた者が,その借入金を目的以外に使用したときは,金融機関等に対する利子補給を取り消すことができる。

 市長は,金融機関等が自己の責めに帰すべき事由により,この告示に違反したときは,金融機関等に対する利子補給金の交付を取り消し,又は既に交付した利子補給金の全部若しくは一部の返還を命ずることができるものとする。

(実績報告)

第8条 金融機関等は,当該年度の末日までに豚コレラ侵入防止緊急支援事業利子補給金実績報告書(様式第5号)に関係書類を添付し,市長に提出しなければならない。

(補給金額の確定)

第9条 市長は,前条の規定による実績報告の審査及び必要に応じて行う調査により,利子補給金の交付決定の内容等に適合すると認めるときは,交付すべき利子補給金の額を確定し,豚コレラ侵入防止緊急支援事業利子補給金確定通知書(様式第6号)により,金融機関等に通知するものとする。

(その他)

第10条 この告示に定めるもののほか,必要な事項は,別に定める。

附 則

この告示は,公布の日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

令和元年度豚コレラ侵入防止緊急支援事業利子補給金交付要綱

令和2年2月7日 告示第37号

(令和2年2月7日施行)