○石岡市文化芸術推進委員会要綱

令和2年3月19日

教育委員会告示第10号

(設置)

第1条 本市における歴史と文化芸術に関する施策を推進するに当たり,多様な主体による文化・芸術活動を促進し,伝承と創造による歴史と文化の香あふれるまちづくりに関して必要な事項を協議するため,石岡市文化芸術推進委員会(以下「委員会」という。)を設置する。

(所掌事務)

第2条 委員会は,次に掲げる事務を所掌する。

(1) 石岡市文化芸術推進基本計画(以下「基本計画」という。)の施策の評価及び検証に関すること。

(2) 基本計画の施策の推進に関すること。

(3) 基本計画の策定に関すること。

(4) その他文化・芸術の推進に関して必要と認める事項

(組織)

第3条 委員会は,委員15人以内をもって組織し,次に掲げる者のうちから,教育委員会が委嘱する。

(1) 学識経験者

(2) 文化芸術活動を行う者

(3) 公募市民

(4) その他教育委員会が必要と認める者

 委員の任期は,2年とする。ただし,再任は妨げない。

 委員が欠けた場合の補欠の委員の任期は,前任者の残任期間とする。

(委員長及び副委員長)

第4条 委員会に委員長及び副委員長を置く。

 委員長及び副委員長は,委員の互選により定める。

 委員長は,委員会を代表し,会務を総理する。

 副委員長は,委員長を補佐し,委員長に事故あるとき,又は委員長が欠けたときは,その職務を代理する。

(会議)

第5条 委員会の会議は,委員長が招集し,その議長となる。

 委員会の会議は,委員の過半数が出席しなければ,開くことができない。

 委員会の議事は,出席委員の過半数で決し,可否同数のときは,委員長の決するところによる。

 委員長は,必要があると認めるときは,会議に委員以外の者の出席を求め,説明又は意見を聞くことができる。

(庶務)

第6条 委員会の庶務は,教育委員会文化振興課において処理する。

(その他)

第7条 この告示に定めるもののほか,委員会の運営に関し必要な事項は,教育委員会が別に定める。

附 則

(施行期日)

 この告示は,公布の日から施行する。

(石岡市文化芸術振興基本計画策定委員会要綱の廃止)

 石岡市文化芸術振興基本計画策定委員会要綱(平成29年石岡市教育委員会告示第39号)は,廃止する。

石岡市文化芸術推進委員会要綱

令和2年3月19日 教育委員会告示第10号

(令和2年3月19日施行)