○石岡市立学校教職員結核定期健康診断実施要綱

令和2年3月19日

教育委員会訓令第2号

石岡市立学校教職員結核定期健康診断実施要綱(平成17年石岡市教育委員会訓令第10号)の全部を改正する。

(目的)

第1条 この訓令は,学校保健安全法(昭和33年法律第56号。以下「法」という。)第15条の規定に基づき,石岡市教育委員会(以下「教育委員会」という。)が行う石岡市立学校の校長,教員及び職員(以下「教職員」という。)の結核に関する定期の健康診断(以下「結核検診」という。)の実施について必要な事項を定め,教職員の健康の保持増進を図ることを目的とする。

(対象者及び実施方法等)

第2条 結核検診の対象者(以下「対象者」という。)は教職員とし,毎年度1回実施させるものとする。ただし,当該年度に新規に採用された教職員を除く。

 実施方法は,学校保健安全法施行規則(昭和33年文部省令第18号。以下「規則」という。)第14条第3項の規定によるものとし,教育委員会が委託した検査機関で行うものとする。

 学校長は,対象者に対し,検査機関指定の受診票を配布し,当該対象者は必要事項を記入した受診票を結核検診の当日,検査担当者に提出するものとする。

 教育委員会は,定められた結核検診実施日に受診できなかった対象者に対し,教育委員会の指示により,医療機関において結核検診を実施し,その結果を教育委員会に提出させるものとする。この場合において,これらの費用は,原則として自己負担とする。

 前3項の規定にかかわらず,対象者が当該結核検診と同一の内容により実施される結核検診を受診し,その結果を教育委員会に提出したときは,教育委員会が実施する結核検診を受診したものとみなす。

(実施時期及び実施計画)

第3条 結核検診は,規則第12条の規定により,教育委員会が定める適切な時期に実施し,対象者に受診させるものとする。

 教育委員会は,毎年3月末日までに,翌年度における結核検診の実施計画を立て,これを各学校に通知する。

 学校は,災害,風水害,伝染病,その他やむを得ない事由により,結核検診を計画どおり実施できないと認めたときは,教育委員会に連絡し,その指示を受けなければならない。

(診断結果の通知及び事後措置)

第4条 教育委員会は,検査機関からの教職員結核検診結果連名簿による診断結果を学校長に通知するものとする。

 教育委員会は,結核検診によって病変の発見された者及びその疑いのある者,結核患者並びに結核発病のおそれがあると診断された者に対し,精密検査を受けるよう指示し,精密検査の結果に異常があると認める者について,法第16条及び茨城県教職員保健管理規則(昭和36年茨城県教育委員会規則第7号)の規定に従い,治療を指示し,勤務を軽減する等適切な措置をとるものとする。

附 則

この訓令は,令和2年4月1日から施行する。

石岡市立学校教職員結核定期健康診断実施要綱

令和2年3月19日 教育委員会訓令第2号

(令和2年4月1日施行)

体系情報
第7編 育/第2章 学校教育
沿革情報
令和2年3月19日 教育委員会訓令第2号