○不登校児童生徒の適応指導教室設置に関する要綱

平成6年4月1日

教育委員会訓令第4号

(趣旨)

第1条 この要綱は、糸満市の不登校児童生徒の学校適応を促進するための適応指導教室(以下「教室」という。)に関し、必要な事項を定めるものとする。

(教室の名称)

第2条 教室は、「糸満市適応指導教室とびうお教室」と称する。

(設置場所)

第3条 教室は、糸満市教育委員会に設置する。

(指導対象)

第4条 教室における指導対象は、糸満市内の小・中学校に在学する児童生徒で当教室において指導することが望ましいと教育委員会及び学校長が判定した者とする。

(開室日)

第5条 開室日は、月曜日から金曜日までとする。ただし、祝祭日は除く。

(指導者)

第6条 教室に、指導教諭、室長、相談員及び補導員を置くことができる。

2 指導教諭は、生徒指導において実績のある教諭をもって充てる。

3 室長及び相談員は次の各号に該当する者のうちから教育委員会が委嘱する。

(1) 教育職員の普通免許状を有し、教職経験豊かな者

(2) 学校教育に関して豊かな識見を有する者

(3) 糸満市青少年教育相談員

4 補導員は、青少年の教育に関して豊かな識見を有する者のうちから教育長が委嘱する。

(指導者の職務)

第7条 指導教諭は、教育長の命を受けて、教室の運営と児童生徒の指導に当たる。

2 室長及び相談員は指導教諭を補佐し、教室の運営と児童生徒の指導が円滑に行われるようにするとともに、家庭訪問や学校訪問及び電話相談等を通して児童生徒の学校生活への適応を図る。

3 補導員は関係機関と連携を密にし、児童生徒の夜間徘徊の指導にあたる。

(適応指導教室協力者会議)

第8条 教室の運営や児童生徒の指導について助言を得るため適応指導教室協力者会議(以下「協力者会議」という。)を置く。

2 協力者会議は、10人以内の委員で組織し、次に掲げる者の内から教育長が委嘱する。

(1) 学識経験者

(2) 学校関係者

(3) 教育行政関係者

(4) PTA関係者

(5) 糸満地区少年補導員(糸満市内の人)

3 委員の任期は2年とし、再任を妨げない。ただし、補欠委員の任期は前任者の残任期間とする。

4 協力者会議に委員長と副委員長を置く。委員長は会議を総理し、副委員長は委員長が欠けたとき、その職務を代理する。

(その他)

第9条 教室の運営上必要なその他の内容は、年度ごとの実施要項に定めるものとする。

附 則

この訓令は、平成6年4月1日から施行する。

附 則(平成22年1月28日教委訓令第3号)

この訓令は、平成22年2月1日から施行する。

不登校児童生徒の適応指導教室設置に関する要綱

平成6年4月1日 教育委員会訓令第4号

(平成22年2月1日施行)

体系情報
第7類 育/第2章 学校教育
沿革情報
平成6年4月1日 教育委員会訓令第4号
平成22年1月28日 教育委員会訓令第3号