○糸満市妊産婦健康診査実施要綱

平成25年3月15日

告示第18号

(目的)

第1条 この告示は、母子保健法(昭和40年法律第141号。以下「法」という。)第13条の規定に基づき、本市が実施する妊産婦に対する健康診査(産前が「妊婦健診」、産後は「産婦健診」、以下総称して「妊産婦健診」という。)により、妊産婦の健康管理の向上を図ることを目的とする。

(対象者)

第2条 妊産婦健診の対象者は、法第15条の規定により妊娠の届出をし、母子健康手帳の交付を受けた市内に住所を有する者(以下「対象者」という。)とする。

(実施方法)

第3条 妊産婦健診は、市長が委託契約を結んだ医療機関(以下「委託医療機関」という。)において実施するものとする。

2 妊産婦健診の回数、実施検査項目及び実施期間は、別表第1及び別表第2のとおりとする。ただし、多胎妊婦の場合は、1人につき5回まで追加できるものとする。

(受診票の交付)

第4条 市長は、妊産婦健康診査受診票(以下「受診票」という。)を、母子健康手帳に添付して対象者に交付するものとする。

2 前項の規定に関わらず、本市以外の市区町村から母子健康手帳の交付を受けている対象者については、妊娠していることを市長に母子健康手帳を添えて届け出ることにより、受診票の交付を受けることができる。

3 前2項の規定により受診票の交付を受けた対象者が、当該受診票を紛失し、又は汚損した場合は、その旨を市長に届けることにより、受診票の再交付を受けることができる。

(受診の方法)

第5条 妊産婦健診を受けようとする対象者は、第3条に規定する委託医療機関において受診票を提出して妊産婦健診を受けるものとする。

(費用)

第6条 妊産婦健診に要する費用は、市の負担とし、その額は、第3条第1項の委託契約で締結した額とする。

(償還払いによる費用の助成)

第7条 市長は、里帰り出産等により、委託医療機関以外の医療機関(以下「委託外医療機関」という。)で妊産婦健診を受けた対象者に対し、当該妊産婦健診に要した費用について、第6条に規定する額を上限として償還払いによる助成を行うことができる。

(助成の申請)

第8条 前条の規定による助成を受けようとする者は、妊産婦健康診査費用償還払助成金申請書兼請求書(様式第1号)に、次に掲げる書類を添付して行うものとする。

(1) 委託外医療機関が発行した領収書(支払いを証明する書類も含む。)又は、妊産婦健康診査受診証明書(様式第2号)

(2) 当該妊産婦健診を受診したことを証明する書類

(3) 通帳の写し

(4) その他市長が必要と認める書類

2 前項の規定による申請は、当該妊産婦健診の1回目を受診した日の翌日から起算して1年を経過するまでの間に行わなければならない。ただし、やむを得ない事情があると市長が認めたときは、この限りでない。

(助成の決定及び助成金の支給)

第9条 市長は、前条の規定による申請があったときは、その内容を審査して助成の可否を決定し、適当と認めた者には妊産婦健康診査費用償還払助成金支給決定通知書(様式第3号)により、不適当と認めた者には妊産婦健康診査費用償還払助成金不支給決定通知書(様式第4号)により通知するものとする。

2 前項の場合において、市長は適当と認めた者に対し、速やかに口座振込みの方法により助成金を支給するものとする。

(助成金の返還)

第10条 市長は、偽りその他の不正の行為により助成金の支給を受けた者があるときは、その者から当該助成金の額の全部又は一部を返還させることができる。

(その他)

第11条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

1 この告示は、平成25年4月1日から施行する。

2 この告示の施行の際現に受診票の交付を受けた対象者に係る妊産婦健診については、第4条の規定による受診票の交付を受けた対象者に係る妊産婦健診とみなす。この場合において、施行日前に実施した妊産婦健診の回数をあわせて第3条第2項別表に規定する実施回数とする。

(平成27年12月28日告示第113号)

この告示は、行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律(平成25年法律第27号。以下「番号法」という。)附則第1条第4号に掲げる規定の施行の日(平成28年1月1日)から施行する。

(平成30年10月1日告示第77号)

この告示は、公布の日から施行する。

(令和2年10月1日告示第121号)

1 この告示は、公布の日から施行する。

2 この告示の施行の際現に受診票の交付を受けている対象者に係る妊婦健診については、第4条の規定による受診票の交付を受けた対象者に係る妊産婦健診とみなす。この場合において、施行日前に実施した妊婦健診の回数を合わせて第3条第2項の別表第1及び別表第2に規定する実施回数とする。

(令和3年3月30日告示第32号)

この告示は、令和3年4月1日から施行する。

(令和5年3月28日告示第36―2号)

この告示は、令和5年4月1日から施行する。

別表第1(第3条関係)

妊婦健康診査内容

回数

実施検査項目

実施期間

第1回目

①問診及び診察、②血圧測定、③体重測定、④尿化学検査、⑤子宮頸がん検査(細胞診)、⑥血液型(ABO・Rh)検査、⑦不規則抗体検査、⑧梅毒血清反応検査、⑨B型肝炎抗原検査、⑩C型肝炎抗体検査、⑪グルコース(血糖)検査、⑫血色素、血小板数検査、⑬超音波検査

初回妊産婦健診で実施の為、有効期限無し

第2回目

①問診及び診察、②血圧測定、③体重測定、④尿化学検査、⑤超音波検査

妊娠20週~23週

第3回目

①問診及び診察、②血圧測定、③体重測定、④尿化学検査、⑤血色素、血小板数検査、⑥グルコース(血糖)検査、⑦超音波検査

妊娠24週~28週

第4回目

①問診及び診察、②血圧測定、③体重測定、④尿化学検査、⑤血色素、血小板数検査、⑥超音波検査

妊娠29週~33週

第5回目

①問診及び診察、②血圧測定、③体重測定、④尿化学検査、⑤血色素、血小板数検査、⑥GOT・GPT(肝機能)検査、⑦帯下培養(細菌培養)検査、⑧超音波検査

妊娠34週~出産

9―1回目

①問診及び診察、②血圧測定、③体重測定、④尿化学検査、⑤保健指導

妊娠約12週

9―2回目

①問診及び診察、②血圧測定、③体重測定、④尿化学検査、⑤保健指導、⑥超音波検査

妊娠約16週

9―3回目

①問診及び診察、②血圧測定、③体重測定、④尿化学検査、⑤保健指導

妊娠約26週

9―4回目

①問診及び診察、②血圧測定、③体重測定、④尿化学検査、⑤保健指導、⑥超音波検査

妊娠約28週

9―5回目

①問診及び診察、②血圧測定、③体重測定、④尿化学検査、⑤保健指導

妊娠約32週

9―6回目

①問診及び診察、②血圧測定、③体重測定、④尿化学検査、⑤保健指導、⑥超音波検査

妊娠約34週

9―7回目

①問診及び診察、②血圧測定、③体重測定、④尿化学検査、⑤保健指導

妊娠約37週

9―8回目

①問診及び診察、②血圧測定、③体重測定、④尿化学検査、⑤保健指導

妊娠約38週

9―9回目

①問診及び診察、②血圧測定、③体重測定、④尿化学検査、⑤保健指導

妊娠約39週

HIV/風疹/クラミジア

HIV抗体検査/風疹ウイルス抗体検査/クラミジア抗原検査

第1回目・できるだけ早い時期

HTLV―1

HTLV―1抗体検査

第3回目・第4回目・第5回目30週頃まで

(備考) 多胎妊婦の場合に追加する受診票については、使用週数の定めのないものとし、第9―1回、第9―3回、第9―5回、第9―7回、第9―8回の計5回分とする。

別表第2(第3条関係)

産婦健康診査内容

回数

実施項目

実施期間

第1回

① 問診(生活環境、授乳状況、育児不安、精神疾患の既往歴・服薬歴など)

② 診察(悪露、乳房の状態、子宮復古状況、表情・言動など)

③ 体重測定 ④ 血圧測定 ⑤ 尿検査(蛋白・糖)

⑥ エジンバラ産後うつ病質問票(EPDS)

⑦ 赤ちゃんへの気持ち質問票

産後2週間目

第2回

① 問診(生活環境、授乳状況、育児不安、精神疾患の既往歴・服薬歴など)

② 診察(悪露、乳房の状態、子宮復古状況、表情・言動など)

③ 体重測定 ④ 血圧測定 ⑤ 尿検査(蛋白・糖)

⑥ エジンバラ産後うつ病質問票(EPDS)

⑦ 赤ちゃんへの気持ち質問票

産後1月(8週を超えない範囲)

画像

画像

画像

画像

糸満市妊産婦健康診査実施要綱

平成25年3月15日 告示第18号

(令和5年4月1日施行)