○糸島市監査委員処務規程

平成22年3月29日

監査委員告示第2号

(趣旨)

第1条 この告示は、法令、条例等に定めるもののほか、監査委員の事務処理に関し必要な事項を定めるものとする。

(代表監査委員)

第2条 代表監査委員は、識見を有する者から選任された委員をもって充てる。

(代表監査委員の職務権限)

第3条 代表監査委員は、おおむね次に掲げる事務を処理する。

(1) 事務局職員の任免、給与、服務、賞罰等に関すること。

(2) 事務局職員の旅行命令に関すること。

(3) 予算要求書の提出に関すること。

(4) 財産の管理に関すること。

(5) 公印及び文書に関すること。

(6) その他監査委員の庶務に関すること。

(代表監査委員の職務の代行)

第4条 代表監査委員に事故があるとき、又は代表監査委員が欠けたときにおいては、その職務権限を他の監査委員が代行する。

(監査委員会議)

第5条 監査委員の職務運営について協議するため、監査委員会議を置く。

2 監査委員会議は、必要に応じてこれを開催するものとする。

3 監査委員会議に付する事項は、次に掲げるとおりとする。

(1) 監査委員の職務執行の一般方針に関すること。

(2) 監査計画に関すること。

(3) 監査報告、公表及び意見の決定に関すること。

(4) 規程の制定及び改廃に関すること。

(5) その他監査委員の職務運営について協議する必要がある事項

(事務局の名称)

第6条 糸島市監査委員条例(平成22年糸島市条例第10号)第6条の規定に基づく本市監査委員の事務局の名称は、糸島市監査事務局(以下「事務局」という。)とする。

(係の設置)

第7条 事務局に監査係を置く。

(令2監委告示1・追加)

(事務局の職員)

第8条 事務局に事務局長、書記その他の職員を置く。

2 前項の書記は、課長補佐、主任係長、主任主幹、係長、主幹、主任主査、主査、主任及びその他の職員をもってこれに充てる。

3 事務局職員の定数については、糸島市職員定数条例(平成22年糸島市条例第29号)の定めるところによる。

4 事務局職員の任免、分限、懲戒、給与、服務その他の身分取扱いについては、市長の事務部局の例による。

(令2監委告示1・旧第7条繰下)

(事務局職員の職務)

第9条 事務局職員の職務は、次に掲げるとおりとする。

(1) 事務局長は、監査委員の命を受け、監査に関する事務を掌理し、所属職員を指揮監督する。

2 事務局長に事故があるときは、課長補佐(課長補佐未配置の場合は係長)がその職務を代行する。

(令2監委告示1・旧第8条繰下)

(事務局の分掌事務)

第10条 事務局の分掌事務は、次に掲げるとおりとする。

(1) 事務事業の監査に関すること。

(2) 決算審査及び基金運用審査に関すること。

(3) 健全化判断比率審査及び資金不足比率審査に関すること。

(4) 出納検査に関すること。

(5) 文書の収受、発送、整理、編集及び保存に関すること。

(6) 公印の保管に関すること。

(7) 公告式に関すること。

(8) 予算の経理及び物品の保管に関すること。

(9) 規程の制定及び改廃に関すること。

(10) その他監査の執行に関し必要な事項に関すること。

(令2監委告示1・旧第9条繰下)

(事務局長の専決事項)

第11条 事務局長の専決事項は、次に掲げるとおりとする。

(1) 職員の事務分掌に関すること。

(2) 職員の時間外勤務命令及び休日勤務命令に関すること。

(3) 職員(事務局長及び課長補佐を除く。)の職務に専念する義務の免除及び休暇の付与に関すること。

(4) 職員(事務局長及び課長補佐を除く。)の旅行命令及びその復命の受理に関すること。

(5) 事務局の庶務及び予算執行(市長の事務部局の課長職が行う予算執行に同じとする。)に関すること。

(6) 軽易又は定例的な報告、調査、照会、回答等に関すること。

(7) 文書の収受、発送、保存等に関すること。

(8) 諸資料、諸統計等の収集作成に関すること。

(9) その他軽易な事務処理に関すること。

(令2監委告示1・旧第10条繰下)

(代決)

第12条 代表監査委員が不在のときは、事務局長がその事務を代決することができる。

2 代表監査委員及び事務局長ともに不在のときは、課長補佐(課長補佐未配置の場合は係長)がその事務を代決することができる。

3 前2項の規定にかかわらず、重要又は異例に属する事項については、代決することができない。ただし、急を要する場合においては、この限りでない。この場合においては、速やかに後閲を受けなければならない。

(令2監委告示1・旧第11条繰下)

(文書の取扱い)

第13条 文書は、全て正確かつ迅速に取り扱い、常に整備して事務が能率的に処理されるようにしなければならない。

2 この告示に定めるもののほか、文書の取扱いについては、市長の事務部局の例による。

(令2監委告示1・旧第12条繰下・一部改正)

(公印)

第14条 監査委員、代表監査委員及び事務局長の公印は、別表のとおりとする。

2 前項に定めるもののほか、公印の取扱いについては、市長の事務部局の例による。

(令2監委告示1・旧第13条繰下)

(補則)

第15条 この告示に定めるもののほか、監査委員の事務処理に関し必要な事項は、監査委員が協議して別に定める。

(令2監委告示1・旧第14条繰下)

この告示は、公布の日から施行する。

(令和2年2月7日監委告示第1号)

この告示は、令和2年4月1日から施行する。

別表(第13条関係)

公印の名称

形状

寸法(単位ミリメートル)

書体及び印材

用途

保管者

監査委員印

画像

方18

てん書

監査委員名をもって発する公文書用

監査事務局長

代表監査委員印

画像

代表監査委員名をもって発する公文書用

監査事務局長印

画像

監査事務局長名をもって発する公文書用

糸島市監査委員処務規程

平成22年3月29日 監査委員告示第2号

(令和2年4月1日施行)