○岩手中部水道企業団公印規程

平成25年11月7日

訓令第2号

(目的)

第1条 この規程は、岩手中部水道企業団における公印の管理等に関し必要な事項を定めることを目的とする。

(公印及び管守責任者)

第2条 公印の種類及び管守責任者は、別表のとおりとし、印影は、公印台帳(様式第1号)に登録する。

2 前項の規定による管守責任者は、公印取扱主任を定め、公印の管理その他の取扱いに関して必要な補助を行わせることができる。

(職務代理の場合の公印の使用)

第3条 企業長その他公印を管理する職員に事故等あるため、他の職員がその職務を代理する場合においては、被職務代理者の公印を使用するものとする。

(公印の使用)

第4条 公印を使用しようとするときは、押印しようとする文書及び決裁を完了した回議案(以下「原議」という。)を提示し、管守責任者又は第2条第2項の規定による公印取扱主任に公印の使用を請求しなければならない。

2 管守責任者又は第2条第2項の規定による公印取扱主任は、前項の請求があったときは、その文書と原議とを照合し、押印を適当と認めるものについて公印の使用を承認するものとする。

3 公印の使用を請求する場合で、決裁権者若しくは上司の指示により決裁が事後になるため、又は特別な文書であるため原議を添えることができないときは、公印使用簿(様式第2号)に所定事項を記入し、所属長の承認を受けた後請求しなければならない。

(印影の印刷)

第5条 公印は、総務課長と合議のうえ企業長の決裁を経て、その印影を印刷し、又は必要により、それを縮小して印刷することができる。

2 印影の原版の保管責任者は、総務課長とする。

(公印の持出)

第6条 公印は、管守場所以外に持出してはならない。ただし、特別の事情により管守責任者の承認を受けたときは、この限りでない。

2 前項ただし書の規定により、公印の持ち出しをしようとするときは、公印持出簿(様式第3号)に所要事項を記載しなければならない。

附 則

この規程は、平成25年11月7日から施行する。

別表(第2条関係)

公印番号

公印の種類

管守責任者

印刻文字

印材

寸法

(mm)

1

岩手中部水道企業団印

つげ

方30

総務課長

2

岩手中部水道企業団企業長之印

黒水牛

方24

総務課長

3

岩手中部水道企業団企業長之印

(浄水課専用)

つげ

方24

浄水課長

4

岩手中部水道企業団企業長職務代理者之印

つげ

方24

総務課長

5

岩手中部水道企業団副企業長之印

つげ

方24

総務課長

6

岩手中部水道企業団局長之印

つげ

方21

総務課長

7

岩手中部水道企業団企業出納員之印

つげ

方18

経営企画課長

画像

画像

画像

岩手中部水道企業団公印規程

平成25年11月7日 訓令第2号

(平成25年11月7日施行)