○岩手中部水道企業団建設工事指名業者選定委員会規程

平成26年4月1日

訓令第1号

(設置)

第1条 岩手中部水道企業団(以下「企業団」という。)の建設工事を請負により施行する場合に、工事請負業者を厳正かつ公平に選定するため、指名業者選定委員会(以下「委員会」という。)を置く。

(所掌事務)

第2条 委員会は、次に掲げる事項について審議し、意見を述べるものとする。

(1) 建設工事の指名競争入札に係る指名業者選定基準に関すること。

(2) 指名競争入札における1件の設計金額が5,000万円以上の建設工事の指名業者の選定に関すること。

(3) その他業者選定について必要な事項に関すること。

(組織)

第3条 委員会は、委員長、副委員長及び委員をもって組織する。

(委員長)

第4条 委員長は局長をもって充て、副委員長は委員の互選によりこれを定める。

2 委員長は、委員会を代表し、会務を総理する。

3 副委員長は、委員長を補佐し、委員長に事故のあるときは、その職務を代理する。

(委員)

第5条 委員は、技監及び各課長の職にある者をもって充てる。

2 委員に事故のあるときは、当該委員があらかじめ指定した者がその職務を代理する。

(平31訓令3・一部改正)

(会議)

第6条 委員会の会議(以下「会議」という。)は、委員長が招集する。

2 会議の議長は、委員長をもって充てる。

3 会議は、委員の過半数の出席がなければ開くことができない。

4 会議の議事は、出席した委員の過半数で決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。

(専決)

第7条 委員長は、災害又は予知できない事故により会議を開く時間的余裕がないときは、業者の選定について専決することができる。

(資料の提出)

第8条 総務課長は、指名業者の選定に必要な資料を委員会に提出しなければならない。

(秘密の保持)

第9条 委員会の会務については、部外者に漏れないように秘密の保持に注意しなければならない。

(委任)

第10条 この規程に定めるもののほか、委員会の運営について必要な事項は、企業長が別に定める。

附 則

この規程は、平成26年4月1日から施行する。

附 則(平成31年訓令第3号)

この訓令は、平成31年4月1日から施行する。

岩手中部水道企業団建設工事指名業者選定委員会規程

平成26年4月1日 訓令第1号

(平成31年4月1日施行)