○常総市きぬの里地域促進バス利用者負担金徴収条例

平成13年3月27日

条例第11号

(趣旨)

第1条 この条例は,内守谷町きぬの里の良好な市街地形成による都市機能の向上及び活性化対策の一環として,内守谷町きぬの里及びその周辺地区から常総市立絹西小学校に通学する児童を対象に運行する常総市きぬの里地域促進バスの運営に必要な経費に充てるため,当該バスを利用する児童(以下「利用者」という。)の保護者から負担金を徴収することに関し,必要な事項を定めるものとする。

(負担金の額)

第2条 負担金は,利用者1人について年額18,000円とする。ただし,往路又は復路のみの利用者は,年額9,000円とする。

(負担金の徴収方法)

第3条 負担金は,12箇月の均等割により徴収する。

(負担金の減免)

第4条 市長は,利用者の属する世帯が次の各号のいずれかに該当するときは,負担金を減免することができる。

(1) 生活保護法(昭和25年法律第144号)の規定による保護を受けている世帯

(2) 当該年度に納入すべき市民税の所得割が非課税とされ,又は減免されている世帯

(3) 児童扶養手当の支給を受けている世帯

(4) 火災,水害等に被災した世帯その他市長が特に認める世帯

(負担金の返還)

第5条 既納の負担金は返還しない。ただし,市長が特別の理由があると認める場合は,その全部又は一部を返還することができる。

(委任)

第6条 この条例に定めるもののほか,必要な事項は,市規則で定める。

附 則

この条例は,平成13年4月1日から施行する。

附 則(平成24年条例第9号)

この条例は,平成24年4月1日から施行する。

常総市きぬの里地域促進バス利用者負担金徴収条例

平成13年3月27日 条例第11号

(平成24年4月1日施行)

体系情報
第9類 市民生活/第5章 地域振興
沿革情報
平成13年3月27日 条例第11号
平成24年3月23日 条例第9号