○加賀市駅前広場条例施行規則

平成17年10月1日

規則第148号

(趣旨)

第1条 この規則は、加賀市駅前広場条例(平成17年加賀市条例第191号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(行為の禁止の例外)

第2条 条例第3条第5号に規定する規則で定める場合は、近隣の公共施設若しくは公の施設に出向き、又は利用することに伴い、あらかじめ市長が認める範囲(第7条において「駐車場所」という。)に自動車を駐車する場合とする。

(使用の申請)

第3条 条例第4条第1項の規定により加賀市駅前広場(以下「駅前広場」という。)を使用しようとする者は、使用許可申請書を市長に提出しなければならない。

2 使用期間満了後引き続き使用しようとするときは、満了1月前までに、前項の規定に準じ申請しなければならない。ただし、前項の規定による申請により許可を受けた機関が1月に満たない場合は、この限りでない。

3 前2項の申請書には、次に掲げる書類を添付しなければならない。ただし、市長がその必要がないと認めた書類については、これを省略することができる。

(1) 使用場所の位置図

(2) 工作物の構造図及び工事の設計図

(3) 前2号に掲げるもののほか、市長が必要と認めるもの

(使用許可の通知)

第4条 市長は、駅前広場の使用その他管理運営に支障がないと認めたときは、速やかに使用許可書により通知するものとする。

(許可内容の変更)

第5条 条例第4条第1項の規定により使用の許可を受けた者(以下「使用者」という。)は、許可に係る事項を変更しようとするときは、使用許可事項変更申請書を市長に提出しなければならない。

2 第3条第3項及び前条の規定は、前項の申請について準用する。この場合において、第3条第3項中「前2項」とあるのは「前項」と、前条中「使用許可書」とあるのは「使用許可変更許可書」と読み替えるものとする。

(届出)

第6条 使用者は、次に掲げる場合には、遅滞なく市長に届け出なければならない。

(1) 使用者が住所を移転したとき。

(2) 使用者である法人が、解散し、又は合併したとき。

(3) 使用者が使用を廃止しようとするとき。

(駐車対象自動車)

第7条 駐車場所を使用することができる自動車は、道路交通法(昭和35年法律第105号)第3条に規定する普通自動車(積載物を含め長さ5メートル、高さ2.5メートル、幅1.9メートル以下のものに限る。)とする。

(供用時間)

第8条 駅前広場の供用時間は、終日とする。ただし、市長が必要と認めるときは、これを変更することができる。

(その他)

第9条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

(施行期日)

1 この規則は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の大聖寺駅前広場条例施行規則(昭和43年加賀市規則第12号)又は加賀温泉駅前広場条例施行規則(平成10年加賀市規則第2号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの規則の相当規定によりなされた処分、手続その他の行為とみなす。

(令和4年12月15日規則第35号)

この規則は、令和5年4月1日から施行する。

加賀市駅前広場条例施行規則

平成17年10月1日 規則第148号

(令和5年4月1日施行)