○加賀市建築協定書の縦覧規則

平成17年10月1日

規則第140号

(趣旨)

第1条 建築基準法(昭和25年法律第201号)第71条及び第73条第3項に規定する建築協定書(以下「協定書」という。)の縦覧は、この規則の定めるところによる。

(縦覧所)

第2条 協定書縦覧所を、建設部管理課に置く。

(縦覧手続)

第3条 協定書を縦覧しようとする者は、縦覧所に備え付けてある縦覧簿に縦覧年月日、縦覧者の住所、職業、氏名、年齢その他必要な事項を記入し、係員の承認を得なければならない。

(手数料)

第4条 協定書の縦覧に係る手数料は、無料とする。

(協定書の持出禁止)

第5条 協定書は、縦覧所の外へ持ち出してはならない。

(縦覧時間)

第6条 協定書の縦覧時間は、午前8時30分から午後5時までとする。

(定休日)

第7条 縦覧所の定休日は、加賀市の休日を定める条例(平成17年加賀市条例第2号)第1条第1項に規定する休日とする。

(臨時休日及び縦覧時間の伸縮)

第8条 市長は、前2条の規定にかかわらず、協定書の整理その他必要がある場合は、臨時に休日を設け、又は縦覧時間の伸縮をすることができる。この場合においては、その旨を加賀市公告式条例(平成17年加賀市条例第3号)に定める掲示場に掲示する。

(協定書の返納)

第9条 縦覧者は、その縦覧が終わった場合又は縦覧時間を経過した場合は、直ちに係員に協定書を返納しなければならない。

(縦覧の停止等)

第10条 係員は、次の各号のいずれかに該当する者の縦覧を停止し、又は拒否することができる。

(1) この規則の規定又は係員の指示に従わない者

(2) 協定書を汚損し、若しくは損傷し、又はそのおそれがあると認められる者

(3) 他人に迷惑を及ぼし、又はそのおそれがあると認められる者

(施行期日)

1 この規則は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の建築協定書の縦覧規則(昭和47年加賀市規則第13号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされた処分、手続その他の行為とみなす。

加賀市建築協定書の縦覧規則

平成17年10月1日 規則第140号

(平成17年10月1日施行)