○鹿児島大学産学・地域共創センター組織規則

平成30年4月2日

共機規則第1号

(趣旨)

第1条 この規則は、鹿児島大学南九州・南西諸島域共創機構規則(平成29年規則第9号)第4条第2項の規定に基づき、鹿児島大学産学・地域共創センター(以下「センター」という。)の組織に関し、必要な事項を定める。

(目的)

第2条 センターは、鹿児島大学(以下「本学」という。)の教育研究成果をもとに、産学・地域連携活動の推進及び地域課題の解決を通じて地域社会の発展に資することを目的とする。

(業務)

第3条 センターにおいては、次に掲げる業務を行う。

(1) 共同研究等の推進に関すること。

(2) 産業界及び地方自治体等との連携推進に関すること。

(3) 発明等の発掘・評価及び知的財産の維持管理に関すること。

(4) 産学連携に係るリスクマネジメントの支援に関すること。

(5) 大学が有する知的資源の社会実装に関すること。

(6) 起業家教育に関すること。

(7) (知)の拠点大学による地方創生推進事業に関すること。

(8) 生涯学習に関すること。

(9) その他センターの目的を達成するために必要なこと。

(部門)

第4条 センターに、次に掲げる部門を置く。

(1) 連携推進部門

(2) 知的財産・リスクマネジメント部門

(3) 生涯学習部門

(職員)

第5条 センターに、次に掲げる職員を置く。

(1) センター長

(2) 副センター長

(3) 部門長

(4) 専任教員

(5) 特任教員

(6) 兼務教員

(7) その他必要な職員

2 前項第4号から第7号までの職員は、センター長の命を受け、センターの業務に従事する。

(職務)

第6条 センター長は、センターの業務を掌理する。

2 副センター長は、センター長の職務を補佐する。

3 部門長は、部門の業務を掌理する。

4 副センター長は、部門長の職務を兼ねることができるものとする。

(センター長等)

第7条 センター長は、本学の専任の教授のうちから、南九州・南西諸島域共創機構長の推薦により、学長が選考する。

2 副センター長は、本学の専任の教授のうちから、センター長の推薦により、学長が選考する。

3 部門長は、本学の専任の教授又は准教授のうちからセンター長の推薦により学長が選考する。

4 センター長、副センター長及び部門長の任期は2年とし、再任を妨げない。ただし、欠員を生じた場合の補欠の任期は、前任者の残任期間とする。

(運営委員会)

第8条 センターに、センターの組織及び運営に関する重要事項を審議するため、産学・地域共創センター運営委員会(以下「委員会」という。)を置く。

2 委員会に関する必要な事項は、別に定める。

(運営企画会議)

第9条 センターに、センターの運営に係る企画・立案を行うため、産学・地域共創センター運営企画会議(以下「運営企画会議」という。)を置く。

2 運営企画会議は、第5条第1号から第3号までの教員及びセンター長が指名する者をもって組織する。

3 運営企画会議に議長を置き、センター長をもって充てる。

(センター会議)

第10条 センターに、センターの事業に係る企画・立案の部門間の連絡調整を図るため、産学・地域共創センター会議(以下「センター会議」という。)を置く。

2 センター会議は、第5条第1号から第7号までの教員をもって組織する。

3 センター会議に議長を置き、センター長をもって充てる。

(社会共創イニシアティブ)

第11条 本学の知的資源を効率的に提供することを目的として、連携推進部門に社会共創イニシアティブを設置する。

2 社会共創イニシアティブに関する必要な事項は別に定める。

(社会実装チーム)

第12条 南九州・南西諸島域における産業等の共創人材を育成することを目的として、連携推進部門に社会実装チームを設置する。

2 社会実装チームに関する必要な事項は別に定める。

(客員教授等)

第13条 センターに、客員教授又は客員准教授を置くことができる。

2 客員教授及び客員准教授の任期は1年以内とし、再任を妨げない。

(連携研究員)

第14条 センターに、連携研究員を置くことができる。

2 連携研究員は、センター会議の議を経て、センター長が委嘱する。

3 連携研究員に関する必要な事項は別に定める。

(事務)

第15条 センターに関する事務は、研究推進部社会連携課において処理する。

(雑則)

第16条 この規則に定めるもののほか、センターに関し必要な事項は、センター長が別に定める。

附 則

この規則は、平成30年4月2日から施行し、平成30年4月1日から適用する。

鹿児島大学産学・地域共創センター組織規則

平成30年4月2日 共機規則第1号

(平成30年4月2日施行)