○甲斐市勤労青少年ホーム条例施行規則

平成16年9月1日

規則第105号

(趣旨)

第1条 この規則は、甲斐市勤労青少年ホーム条例(平成16年甲斐市条例第134号)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(職員)

第2条 甲斐市勤労青少年ホーム(以下「ホーム」という。)に館長その他必要な職員を置く。

2 館長は、上司の命を受けてホームを管理する。

3 職員は、館長の命を受けてホームの事務に従事する。

(利用の申請)

第3条 ホームを利用しようとする者は、その3日前までに勤労青少年ホーム利用許可申請書(様式第1号)を市長に提出して、その許可を受けなければならない。ただし、特別の事情があると認められる場合は、この限りでない。

(利用の許可)

第4条 市長は、前条の申請書を審査して、支障がないと認める場合は、使用料の納付とともに、勤労青少年ホーム利用許可書(様式第2号)を申請者に交付するものとする。

(利用方法)

第5条 ホームの利用を認められた者は、前条の利用許可書を提出し館長の指示に従って利用しなければならない。

(利用者の義務)

第6条 ホームを利用する者は、常に良好な状況を保持するよう責任を持たなければならない。

(届出)

第7条 ホームの利用者が当該施設及び設備を損傷し、又は亡失したときは、速やかに市長に届け出なければならない。

2 前項の場合において、市長は、損害賠償を命ずることができる。

(その他)

第8条 この規則に定めるもののほか、利用許可の基準及び利用上遵守すべき事項については、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成16年9月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の日の前日までに、合併前の竜王町勤労青少年ホーム管理規則(昭和59年竜王町規則第10号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされた処分、手続その他の行為とみなす。

画像

画像

甲斐市勤労青少年ホーム条例施行規則

平成16年9月1日 規則第105号

(平成16年9月1日施行)