○釜石市郷土資料館条例

平成11年3月18日

条例第8号

注 平成16年9月から改正経過を注記した。

(設置)

第1条 郷土の歴史、民俗等に関する資料(以下「資料」という。)の収集、保存及び展示を行い、市民の文化の向上に資するため、釜石市郷土資料館(以下「資料館」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 資料館の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称 釜石市郷土資料館

位置 釜石市鈴子町15番2号

(平16条例26・平22条例20・平23条例25・一部改正)

(管理)

第3条 資料館は、市長が管理する。

(平29条例1・一部改正)

(職員)

第4条 資料館に館長及び必要な職員を置くことができる。

(業務)

第5条 資料館は、次の業務を行う。

(1) 資料を収集し、保存し、及び展示し、並びに調査研究を行うこと。

(2) 資料の利用に関し、必要な説明、指導及び助言を行うこと。

(3) その他資料館設置の目的を達成するために必要なこと。

(開館時間)

第6条 資料館の開館時間は、9時30分から16時30分までとする。

2 市長は、資料館の管理上必要があると認めるときは、前項の開館時間を繰り上げ、若しくは繰り下げ、又は臨時に延長し、若しくは短縮することができる。

(平17条例23・追加、平29条例1・一部改正)

(休館日)

第7条 資料館の休館日は、次のとおりとする。ただし、市長が特に必要と認めるときは、これを変更し、又は臨時に休館することができる。

(1) 火曜日

(2) 12月28日から翌年1月4日までの日(前号に掲げる日を除く。)

(平17条例23・追加、平29条例1・一部改正)

(入館の許可)

第7条の2 資料館に入館しようとする者は、市長の許可を受けなければならない。

2 市長は、資料館の管理上必要があると認めるときは、前項の許可に条件を付すことができる。

(令元条例13・追加)

(入館の制限)

第8条 市長は、次の各号のいずれかに該当すると認めるときは、入館を禁じ、又は退館させることができる。

(1) 公序良俗に反し、又は公益を害するおそれがあると認めるとき。

(2) 施設、設備又は展示物を汚損し、損傷し、又は亡失するおそれがあると認めるとき。

(3) その他市長が適当でないと認めるとき。

(平16条例26・一部改正、平17条例23・旧第6条繰下、平29条例1・一部改正)

(入館料)

第9条 入館者は、入館許可と同時に別表に定める額の入館料を納付しなければならない。

2 前項に定める入館料は、市長が特別の理由があると認めるときは、納付期日を別に指定することができる。

(令元条例13・追加)

(入館料の減免)

第10条 市長は、次の各号のいずれかに該当する場合は、入館料の全部又は一部を減免することができる。

(1) 身体障害者福祉法(昭和24年法律第283号)第15条第4項の規定により身体障害者手帳の交付を受けている者(15歳未満の者につき、その保護者が身体障害者手帳の交付を受けているときは、当該15歳未満の者)、精神保健及び精神障害者福祉に関する法律(昭和25年法律第123号)第45条第2項の規定により精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている者その他規則で定める者が入館するとき。

(2) その他市長が適当と認めたとき。

(令元条例13・追加)

(入館料の不還付)

第11条 既納の入館料は、還付しない。ただし、市長が特別な理由があると認めるときは、その全部又は一部を還付することができる。

(令元条例13・追加)

(禁止行為)

第12条 資料館へ入館した者は、次に掲げる行為をしてはならない。

(1) 物品の販売その他の商行為をすること。

(2) 許可を受けないで印刷物、ポスター等を掲示し、又は配布すること。

(3) 所定の場所以外で喫煙し、又は飲食すること。

(平17条例23・旧第7条繰下、令元条例13・旧第9条繰下)

(損害賠償)

第13条 資料館に入館した者は、自己の責めに帰すべき理由により施設又は設備を汚損し、損傷し、又は亡失したときは、市長の指示するところにより原状に回復し、又は損害を賠償しなければならない。

(平17条例23・旧第8条繰下、平29条例1・一部改正、令元条例13・旧第10条繰下)

(資料館運営委員会)

第14条 資料館の適正な運営を図るため、資料館に釜石市郷土資料館運営委員会(以下「委員会」という。)を置く。

2 委員会の委員は、10人以内とし、学識経験を有する者のうちから市長が委嘱する。

3 委員の任期は、2年とする。ただし、補欠の委員の任期は、前任者の残任期間とする。

(平17条例23・旧第10条繰下、平29条例1・一部改正、令元条例13・旧第11条繰下)

(委任)

第15条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

(平17条例23・旧第11条繰下・一部改正、平29条例1・一部改正、令元条例13・旧第12条繰下)

附 則

この条例は、平成11年4月1日から施行する。

附 則(平成12年3月14日条例第4号)

この条例は、平成12年4月1日から施行する。

附 則(平成16年9月24日条例第26号)

この条例は、平成16年10月1日から施行する。

附 則(平成17年9月16日条例第23号抄)

(施行期日)

1 この条例は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成22年9月10日条例第20号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成23年10月14日条例第25号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成29年3月15日条例第1号抄)

(施行期日)

1 この条例は、平成29年4月1日から施行する。

(釜石市郷土資料館条例の一部改正等)

5 この条例の施行の際現に改正前の釜石市郷土資料館条例第11条第2項の規定により委員に委嘱されている者については、当該委員の任期がある間は、改正後の釜石市郷土資料館条例第11条第2項の規定にかかわらず、委員とする。

附 則(令和元年10月21日条例第13号)

この条例は、令和2年1月1日から施行する。

別表(第9条関係)

(令元条例13・追加)

区分

金額

(1人1回につき)

個人入館料

200円

団体入館料

100円

備考

1 乳幼児、小学校児童、中学校生徒及び高等学校生徒の入館料は、無料とする。

2 団体入館料は、20人以上の団体で同一の者に引率されたものについて適用する。

釜石市郷土資料館条例

平成11年3月18日 条例第8号

(令和2年1月1日施行)