○亀山市選挙人名簿及び在外選挙人名簿閲覧事務取扱規程

平成17年1月11日

選挙管理委員会告示第8号

(目的)

第1条 この告示は、公職選挙法(昭和25年法律第100号)第28条の2及び第28条の3の規定による選挙人名簿の閲覧及び同法第30条の12において準用する同法第28条の2及び第28条の3の規定による在外選挙人名簿の閲覧に関する事務の取扱いに関し必要な事項を定めることにより、選挙人名簿及び在外選挙人名簿(以下「選挙人名簿等」という。)の正確性を確保するとともに、個人情報を保護することを目的とする。

(平19選管告示1・一部改正)

(閲覧の場所)

第2条 閲覧は、亀山市選挙管理委員会(以下「委員会」という。)の事務室又は委員会の指定する場所でしなければならない。

(平19選管告示1・旧第5条繰上・一部改正)

(閲覧の方法等)

第3条 閲覧の方法は、読み取りに限るものとし、その内容を他に写す場合は、筆記に限るものとする。

2 閲覧者は、閲覧に供された選挙人名簿等の抄本を丁重に取り扱い、破損、汚損又は加筆等の行為をしてはならない。

3 委員会は、前2項の規定に違反する者に対しては、その閲覧を中止させ、又は閲覧を禁止することができる。

(平19選管告示1・旧第6条繰上・一部改正)

(閲覧申出者等の責務)

第4条 閲覧の申出をした者及び閲覧者(以下「閲覧申出者等」という。)は、閲覧に当たり、次に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 個人の基本的人権の尊重及び選挙人に関する個人情報の保護に関し十分注意すること。

(2) 閲覧により知り得た事項及び閲覧により作成した資料(以下「閲覧資料」という。)を閲覧目的以外の目的に使用しないこと。

(3) 閲覧資料が第三者の閲覧に供されないよう厳重に保管し、閲覧資料を使用した後は裁断、焼却等の方法により確実に処分すること。

(平19選管告示1・旧第7条繰上・一部改正)

(委員会に対する報告)

第5条 閲覧申出者等は、次に掲げる事実があったときは、速やかに、書面により委員会に報告しなければならない。

(1) 選挙人名簿等の抄本に脱漏、誤載又は誤記を発見したとき。

(2) 閲覧により知り得た事項又は閲覧資料を基に、閲覧目的であった調査等の結果に関して文書等を作成したとき。

(3) 閲覧資料の所持、保管状況等について、委員会から報告を求められたとき。

(平19選管告示1・旧第8条繰上・一部改正)

(閲覧資料の返還)

第6条 委員会は、閲覧申出者等がこの告示の規定に違反したと認めた場合は、閲覧資料のすべてについて返還を求めることができる。この場合において、委員会は、閲覧申出者等が受ける損害に対して、その責めを負わない。

(平19選管告示1・旧第9条繰上・一部改正)

(その他)

第7条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は、委員会が別に定める。

(平19選管告示1・旧第10条繰上)

この告示は、平成17年1月11日から施行する。

(平成19年1月19日選管告示第1号)

この告示は、公表の日から施行する。

亀山市選挙人名簿及び在外選挙人名簿閲覧事務取扱規程

平成17年1月11日 選挙管理委員会告示第8号

(平成19年1月19日施行)

体系情報
第3編 行政委員会・委員/第2章 選挙管理委員会
沿革情報
平成17年1月11日 選挙管理委員会告示第8号
平成19年1月19日 選挙管理委員会告示第1号