○亀山市罹災者見舞金等支給要綱

平成17年1月11日

告示第10号

(目的)

第1条 この告示は、市内において災害により死亡した市民の遺族に弔慰金の支給を行い、精神又は身体に著しい障害を受けた市民に傷病見舞金の支給を行い、又は財産に被害を受けた市民に罹災見舞金の支給を行うことにより、罹災者の生活の安定に資することを目的とする。

(定義)

第2条 この告示において「災害」とは、風水害、地震、火災等をいう。

2 この告示において「遺族」とは、同居の親族(同居の親族がいない場合は、葬儀喪主)をいう。

3 この告示において「財産に被害を受けた場合」とは、災害により現に居住する住居が倒壊し、又は焼失したことをいい、浸水にあっては、おおむね床上浸水をいう。

(弔慰金の支給)

第3条 市は、市民が災害により死亡した場合は、その遺族に対し10万円の弔慰金の支給を行う。ただし、次条による傷病見舞金の交付後1月以内にその原因により死亡した場合は、差額を弔慰金として支給する。

(平26告示55・一部改正)

(傷病見舞金の支給)

第4条 市は、市民が災害により入院治療を要する負傷をし、又は疾病にかかった場合は、当該市民に対し2万円の傷病見舞金を支給する。

(罹災見舞金の支給)

第5条 市は、市民が災害により財産の被害を受けた場合は、その世帯について次の各号に掲げる場合に応じ、当該各号に掲げる金額を罹災見舞金として支給する。

(1) 住居の全部を失ったとき。 100,000円

(2) 住居の半分以上を失ったとき。 50,000円

(3) 住居が床上浸水の被害を受けたとき。 20,000円

2 前項各号により難い場合は、被害の程度に応じ市長がこれを超えない範囲で決める。

(平26告示55・一部改正)

(被害の認定)

第6条 前条第1項各号の被害の認定は、消防長又は自治会長の証明により行うものとする。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、平成17年1月11日から施行する。

(経過措置)

2 この告示の施行の日の前日までに、合併前の亀山市罹災者見舞金等取扱要綱(昭和46年10月1日施行)の規定によりなされた手続その他の行為は、この告示の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成26年3月28日告示第55号)

(施行期日)

1 この告示は、平成26年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 改正後の規定は、この告示の施行の日以後に生じた災害(以下「災害」という。)により死亡した市民に対する弔慰金又は災害により財産に被害を受けた市民に係る災害見舞金の支給について適用する。

亀山市罹災者見舞金等支給要綱

平成17年1月11日 告示第10号

(平成26年4月1日施行)