○亀山市立保育所処務規程

平成17年1月11日

訓令第40号

(職員)

第1条 市の設置する保育所(以下「保育所」という。)に、次の職員を置く。

(1) 園長

(2) 保育士

(3) 嘱託医

(4) 給食調理員

2 前項の職員のほか必要な職員を置くことができる。

(職責)

第2条 園長は、市長の命を受けて保育所の事務(以下「事務」という。)を掌理し、所属職員を指揮監督する。

2 その他の職員は、園長の命を受け、事務に従事する。

(平18訓令6・一部改正)

(園長の専決事項)

第3条 園長は、次に掲げる事項について専決することができる。

(1) 感染症等による登所の停止及び解除に関すること。

(2) その他保育所の庶務に関すること。

(平18訓令6・全改)

(保育所の日課等)

第4条 保育所の日課、月間行事その他の行事は、園長が市長の承認を得て定める。

2 園長は、その月の日課予定表を、前月末日までに市長に提出しなければならない。

(簿冊)

第5条 園長は、別に定めのあるもののほか、次の簿冊を備え、整備しておかなければならない。

(1) 事務日誌及び保育日誌

(2) 児童票及び児童出欠簿

(3) 保育計画表

(4) 給食日誌及び栄養摂取出納表

(5) その他市長が必要と認めた帳簿

(家庭指導)

第6条 園長は、常に保護者と密接な連絡を取り、家庭指導を行わなければならない。

(非常災害等に対する措置)

第7条 園長は、非常災害その他急迫の事態に際して執るべき措置について、市長の承認を得て、あらかじめ計画を立てておかなければならない。

(保育実施状況等の報告)

第8条 園長は、毎月5日までに、前月の保育実施状況、児童異動状況その他市長の命じた事項について報告しなければならない。

この訓令は、平成17年1月11日から施行する。

(平成18年3月31日訓令第6号)

この訓令は、平成18年4月1日から施行する。

亀山市立保育所処務規程

平成17年1月11日 訓令第40号

(平成18年4月1日施行)

体系情報
第9編 生/第1章 社会福祉/第3節 児童・母子福祉
沿革情報
平成17年1月11日 訓令第40号
平成18年3月31日 訓令第6号