○亀山市放課後児童クラブ条例

平成17年1月11日

条例第89号

(設置)

第1条 市は、児童福祉法(昭和22年法律第164号)第6条の3第2項に規定する放課後児童健全育成事業(以下「事業」という。)を実施するため、亀山市放課後児童クラブ(以下「放課後児童クラブ」という。)を設置する。

(平17条例189・平18条例48・平19条例7・平24条例12・平27条例13・一部改正)

(名称、位置及び定員)

第2条 放課後児童クラブの名称及び位置は、別表第1のとおりとする。

2 放課後児童クラブの定員は、おおむね別表第1のとおりとする。

(平19条例7・平27条例13・平28条例26・一部改正)

(指定管理者による管理)

第3条 放課後児童クラブの管理は、亀山市公の施設の指定管理者の指定の手続等に関する条例(平成17年亀山市条例第185号)第4条の規定に基づき指定されたもの(以下「指定管理者」という。)に行わせるものとする。

(平17条例189・追加、平27条例13・一部改正)

(指定管理者が行う業務)

第4条 指定管理者は、次に掲げる業務を行うものとする。

(1) 事業の実施に関する業務

(2) 放課後児童クラブの利用の許可に関する業務

(3) 放課後児童クラブの維持管理に関する業務

(4) 前3号に掲げるもののほか、市長が必要と認める業務

(平17条例189・追加、平19条例7・平27条例13・一部改正)

(開所時間)

第5条 放課後児童クラブの開所時間は、次のとおりとする。

(1) 井田川小学校区放課後児童クラブ及び井田川小学校区第二放課後児童クラブ 午後0時30分から午後5時30分まで。ただし、土曜日及び国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日(以下「祝日法による休日」という。)にあっては午前8時から午後5時30分まで、学校教育法施行令(昭和28年政令第340号)第29条第1項の規定により亀山市教育委員会が定める日(以下「休業日」という。)にあっては午前7時30分から午後5時30分までとする。

(2) 亀山東小学校区放課後児童クラブ 午後1時から午後5時30分まで。ただし、土曜日、祝日法による休日及び休業日にあっては、午前8時から午後5時30分までとする。

(3) 関小学校区放課後児童クラブ 午後1時から午後6時30分まで。ただし、土曜日及び休業日にあっては、午前8時から午後6時30分までとする。

(4) 川崎小学校区放課後児童クラブ 午後0時30分から午後5時30分まで。ただし、土曜日、祝日法による休日及び休業日にあっては、午前8時から午後5時30分までとする。

(5) 昼生小学校区放課後児童クラブ 午後1時30分から午後6時30分まで。ただし、土曜日、祝日法による休日及び休業日にあっては、午前8時から午後6時30分までとする。

(6) 亀山南小学校区放課後児童クラブ 午後2時から午後6時30分まで。ただし、祝日法における休日及び休業日にあっては、午前8時から午後6時30分までとする。

2 指定管理者は、特に必要があると認めたときは、前項の規定にかかわらず、市長の承認を得て、同項各号に掲げる開所時間を変更することができる。

(平17条例189・追加、平22条例39・平27条例13・平28条例26・平29条例25・平30条例28・令元条例17・一部改正)

(休所日)

第6条 放課後児童クラブの休所日は、次のとおりとする。

(1) 日曜日

(2) 土曜日(亀山南小学校区放課後児童クラブに限る。)

(3) 8月13日から同月15日までの日

(4) 12月29日から翌年の1月3日までの日

(5) 祝日法による休日(関小学校区放課後児童クラブに限る。)

2 指定管理者は、特に必要があると認めたときは、前項の規定にかかわらず、市長の承認を得て、同項各号に掲げる休所日を変更し、又は別に休所日を定めることができる。

(平17条例189・追加、平27条例13・令元条例17・一部改正)

(対象児童)

第7条 放課後児童クラブを利用することができる児童は、小学校に就学している児童でその保護者が労働等により昼間家庭にいないものとする。

(平17条例189・旧第3条繰下、平19条例7・平27条例13・一部改正)

(利用の許可)

第8条 放課後児童クラブを利用しようとする児童の保護者は、あらかじめ指定管理者の許可を受けなければならない。

(平17条例189・旧第4条繰下・一部改正、平19条例7・平27条例13・一部改正)

(利用の制限)

第9条 指定管理者は、児童が次の各号のいずれかに該当するときは、その児童の利用の許可を与えず、若しくは利用の許可を取り消し、又は出席を停止することができる。

(1) 第7条の規定に該当せず、又は該当しなくなったとき。

(2) 疾病にかかり感染のおそれがあるとき。

(3) 放課後児童クラブの管理運営上支障があると認められるとき。

(平17条例189・旧第5条繰下・一部改正、平19条例7・平27条例13・一部改正)

(利用料金)

第10条 第8条の許可を受けた保護者は、放課後児童クラブの利用に係る料金(以下「利用料金」という。)を前納しなければならない。ただし、指定管理者が特に必要があると認めたときは、納期を別に定める。

2 利用料金の額は、別表第2に掲げる額の範囲内において、指定管理者があらかじめ市長の承認を得て定める額とする。

3 市長は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第8項の規定に基づき、指定管理者に、利用料金を当該指定管理者の収入として収受させるものとする。

(平19条例7・追加、平27条例13・一部改正)

(利用料金の減免)

第11条 指定管理者は、規則で定める基準により、利用料金を減額し、又は免除することができる。

(平19条例7・追加)

(利用料金の還付)

第12条 既納の利用料金は、還付しない。ただし、指定管理者が特に必要があると認めたときは、その全部又は一部を還付することができる。

(平19条例7・追加)

(委任)

第13条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

(平17条例189・旧第8条繰下、平19条例7・旧第10条繰下)

(施行期日)

1 この条例は、平成17年1月11日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の亀山市学童保育所条例(平成10年亀山市条例第26号)及び関町学童保育所条例(平成16年関町条例第14号)の規定によりなされた許可、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

(平成17年12月28日条例第189号)

(施行期日)

1 この条例は、平成18年4月1日から施行する。ただし、別表の改正規定は、同年2月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行前にこの条例による改正前の亀山市学童保育所条例の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例による改正後の亀山市学童保育所条例の規定によりなされた処分、手続その他の行為とみなす。

3 平成17年度分までの利用料金については、なお従前の例による。

(平成18年12月28日条例第48号)

この条例は、平成19年4月1日から施行する。

(平成19年3月30日条例第7号)

(施行期日)

1 この条例は、平成19年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 改正後の亀山市学童保育所条例の規定は、この条例の施行の日以後に第8条の許可を受けた保護者から適用する。

(平成21年3月27日条例第1号)

この条例は、平成21年3月28日から施行する。

(平成22年12月24日条例第39号)

この条例は、平成23年4月1日から施行する。

(平成24年3月27日条例第12号)

この条例は、平成24年4月1日から施行する。

(平成27年3月31日条例第13号)

(施行期日)

1 この条例は、平成27年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日において現に存する放課後児童健全育成事業を実施する施設については、当分の間、第2条第2項の規定は、適用しないことができる。この場合において、当該施設の定員は、なお従前の例による。

(平成28年9月30日条例第26号)

(施行期日)

1 この条例は、平成29年4月1日から施行する。

(準備行為)

2 この条例による改正後の亀山市放課後児童クラブ条例第3条の規定による川崎小学校区放課後児童クラブの管理を指定管理者に行わせるために必要な準備行為は、この条例の施行の日前においても行うことができる。

(平成29年12月27日条例第25号)

この条例は、公布の日から施行する。

(平成30年9月28日条例第28号)

(施行期日)

1 この条例は、平成31年4月1日から施行する。

(準備行為)

2 この条例による改正後の亀山市放課後児童クラブ条例第3条の規定による昼生小学校区放課後児童クラブの管理を指定管理者に行わせるために必要な準備行為は、この条例の施行の日前においても行うことができる。

(令和元年9月30日条例第17号)

(施行期日)

1 この条例は、令和2年4月1日から施行する。

(準備行為)

2 この条例による改正後の亀山市放課後児童クラブ条例の規定による亀山南小学校区放課後児童クラブの管理を指定管理者に行わせるために必要な準備行為は、この条例の施行の日前においても行うことができる。

別表第1(第2条関係)

(平28条例26・全改、平30条例28・令元条例17・一部改正)

名称

位置

定員

亀山東小学校区放課後児童クラブ

亀山市本町一丁目9番9号

40人

亀山南小学校区放課後児童クラブ

亀山市天神三丁目10番25号

40人

昼生小学校区放課後児童クラブ

亀山市中庄町1405番地

20人

井田川小学校区放課後児童クラブ

亀山市みどり町53番地6

40人

井田川小学校区第二放課後児童クラブ

亀山市みどり町52番地

40人

川崎小学校区放課後児童クラブ

亀山市能褒野町77番地22

80人

関小学校区放課後児童クラブ

亀山市関町新所1975番地

80人

別表第2(第10条関係)

(平19条例7・追加)

区分

単位

利用料金

月を単位とした利用

1月につき

20,000円

日を単位とした利用

1日につき

3,000円

休業日を単位とした利用

学年末休業日及び学年始休業日(3月26日から同月31日まで及び4月1日から同月5日までの日(休所日を除く。))

当該期間につき

15,000円

夏季休業日(7月21日から8月31日まで(休所日を除く。))

当該期間につき

37,000円

冬季休業日(12月24日から翌年の1月7日まで(休所日を除く。))

当該期間につき

14,000円

備考 開所時間を超えて利用するときは、30分につき400円を加算する。

亀山市放課後児童クラブ条例

平成17年1月11日 条例第89号

(令和2年4月1日施行)

体系情報
第9編 生/第1章 社会福祉/第3節 児童・母子福祉
沿革情報
平成17年1月11日 条例第89号
平成17年12月28日 条例第189号
平成18年12月28日 条例第48号
平成19年3月30日 条例第7号
平成21年3月27日 条例第1号
平成22年12月24日 条例第39号
平成24年3月27日 条例第12号
平成27年3月31日 条例第13号
平成28年9月30日 条例第26号
平成29年12月27日 条例第25号
平成30年9月28日 条例第28号
令和元年9月30日 条例第17号