○不可抗力による漏水があった場合又は濁水の発生等により放水を行った場合における水道料金の減免基準

平成17年1月11日

水道課告示第1号

目次

第1章 不可抗力による漏水があった場合における減免(第1条―第5条)

第2章 濁水の発生等により放水を行った場合における減免(第6条―第8条)

第3章 申請書の提出(第9条)

附則

第1章 不可抗力による漏水があった場合における減免

(令5上下水告示2・章名追加)

(減免対象)

第1条 亀山市水道事業給水条例施行規程(平成17年亀山市水道課管理規程第4号。以下「規程」という。)第21条第3号に掲げる不可抗力による漏水があった場合における水道料金の減額又は免除(以下「減免」という。)は、亀山市水道事業給水条例(平成17年亀山市条例第138号)第18条第1項に規定する水道使用者等(以下「水道使用者等」という。)同条例第21条の規定に基づき善良な管理者の注意をもって給水装置を管理していたにもかかわらず漏水があった場合で、水道事業の管理者の権限を行う市長(以下「管理者」という。)が不可抗力と認めたものに対し行うものとする。

(平21上下水告示3・令5上下水告示2・一部改正)

(減免の対象外)

第2条 前条の規定にかかわらず、次の各号のいずれかに該当するときは、水道料金の減免を行わない。

(1) 給水栓、受水槽のボールタップ装置その他これに類する給水装置の故障で客観的に発見できる箇所の故障により漏水したとき。

(2) 水道使用者等が漏水の修理を怠ったとき。

(3) 水道使用者等の不正工事による原因で漏水したとき。

(令5上下水告示2・一部改正)

(減免対象月)

第3条 減免を行う水道料金は、漏水箇所を発見した月(以下この章において「減免対象月」という。)分に限るものとする。ただし、管理者が特別の理由があると認めたときは、この限りでない。

(令5上下水告示2・一部改正)

(漏水量の算出)

第4条 減免の対象となる漏水量は、規程第19条第1項の規定により水道使用者に通知した使用水量(以下「計量水量」という。)から規程第18条の規定により認定された給水量を差し引いた水量とする。

(令5上下水告示2・一部改正)

(減免対象月の使用水量の算定)

第5条 減免対象月の使用水量は、計量水量から前条の規定により算出された漏水量の2分の1を減じた水量とする。

第2章 濁水の発生等により放水を行った場合における減免

(令5上下水告示2・追加)

(減免対象)

第6条 規程第21条第4号に掲げる濁水の発生等により放水を行った場合における水道料金の減免は、濁水の発生等により管理者の指示又は水道使用者等の責めに帰することができない事由による放水を行った場合に行うものとする。

(令5上下水告示2・追加)

(放水量の認定)

第7条 減免の対象となる放水量は、管理者が放水の状況等を考慮して認定する。

(令5上下水告示2・追加)

(減免対象月の使用水量の算定)

第8条 減免対象月(濁水の発生等により放水を行った月をいう。)の使用水量は、計量水量から前条の規定により認定された放水量を減じた水量とする。

(令5上下水告示2・追加)

第3章 申請書の提出

(令5上下水告示2・章名追加)

第9条 この告示により水道料金の減免を受けようとする者は、規程第21条第2項に規定する水道料金等減免申請書を管理者に提出しなければならない。

(令5上下水告示2・旧第6条繰下・一部改正)

(施行期日)

1 この告示は、平成17年1月11日から施行する。

(経過措置)

2 この告示の施行の日の前日までに、合併前の亀山市水道料金の減免基準(平成13年亀山市水道課告示第3号)の規定によりなされた手続その他の行為は、この告示の相当規定によりなされたものとみなす。

改正文(平成21年6月30日上下水告示第3号)

平成21年7月1日から施行する。

(令和5年8月8日上下水告示第2号)

この告示は、公表の日から施行する。

不可抗力による漏水があった場合又は濁水の発生等により放水を行った場合における水道料金の減…

平成17年1月11日 水道課告示第1号

(令和5年8月8日施行)