○亀山市防犯活動被服支給要綱

平成17年6月30日

告示第167号

(目的)

第1条 この告示は、市内に事務所を有する団体に対して、防犯活動を行う際に着用する被服を支給することにより、安心安全のまちづくりを推進することを目的とする。

(定義)

第2条 この告示において「防犯活動」とは、自発的かつ自立的に行う次に掲げる活動で営利を目的としないものをいう。

(1) 防犯意識の啓発活動

(2) 暴力追放運動の推進を図る活動

(3) 侵入盗、乗物盗等の被害防止を図る活動

(4) 青少年の非行防止及び環境浄化を図る活動

(5) その他市長が認める活動

(支給する被服の種類)

第3条 この告示により支給する被服の種類は、ベスト及び帽子とする。

(被服の支給の申請)

第4条 被服の支給を受けようとするものは、防犯活動被服支給申請書兼受領書(別記様式)を市長に提出しなければならない。

(被服の支給)

第5条 市長は、前条の申請書を受理した場合は、その内容を審査し、適当と認めたときは、申請者に被服を支給するものとする。

(被服の着用)

第6条 前条の規定により被服の支給を受けたもの(以下「被服受給者」という。)は、市内において防犯活動を行う際これを着用しなければならない。

(報告)

第7条 被服受給者は、毎年1回防犯活動の状況を市長に報告しなければならない。

(その他)

第8条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

この告示は、公表の日から施行する。

(令和2年12月28日告示第210号)

(施行期日)

1 この告示は、令和3年1月1日から施行する。

(経過措置)

2 この告示の施行の際現にあるこの告示による改正前の様式による用紙については、当分の間、これを取り繕って使用することができる。

(令2告示210・一部改正)

画像

亀山市防犯活動被服支給要綱

平成17年6月30日 告示第167号

(令和3年1月1日施行)

体系情報
第9編 生/第5章 市民生活/第4節 交通安全・生活安全
沿革情報
平成17年6月30日 告示第167号
令和2年12月28日 告示第210号