○亀山市放課後児童健全育成事業補助金交付要綱

平成19年3月23日

告示第40号

(目的)

第1条 この告示は、民間放課後児童クラブが実施する児童福祉法(昭和22年法律第164号)第6条の3第2項に規定する放課後児童健全育成事業(以下「事業」という。)に要する経費の一部を補助することにより、児童の福祉の増進に寄与することを目的とする。

(平28告示200・一部改正)

(定義)

第2条 この告示において「民間放課後児童クラブ」とは、事業を実施する地域組織及び社会福祉法人等をいう。

2 この告示において「放課後児童」とは、小学校に就学している児童でその保護者が労働等により昼間家庭にいないものをいう。

(平31告示19・一部改正)

(補助金の名称)

第3条 この告示により交付する補助金の名称は、亀山市放課後児童健全育成事業補助金(以下「補助金」という。)という。

(補助金の交付対象者)

第4条 この補助金の交付対象者は、次の各号のいずれにも該当する民間放課後児童クラブとする。

(1) 放課後児童の数が10人以上であること。ただし、次のからまでに掲げる場合にあっては、当該からまでに定める人数以上であること。

 平成28年度子ども・子育て支援交付金交付要綱(平成28年府子本第474号)第3条第5号に規定する事業に係る交付金の対象となる場合 1人

 三重県放課後児童クラブ活動事業費補助金交付要領(平成9年6月4日施行)第3条第1号及び第3号に規定する事業に係る補助金の対象となる場合 5人

 市長が必要と認める場合(及びに該当する場合を除く。) 5人

(2) 児童福祉法(昭和22年法律第164号)第34条の8第2項の規定による届出を市長に行っていること。

(平28告示200・一部改正)

(補助金の種類等)

第5条 補助金の種類及び補助の対象となる費用は、次の表のとおりとする。

補助金の種類

補助の対象となる費用

開始費補助金

1 事業の開始に必要な備品等の購入に要する費用

2 事業の開始に必要な施設の設置又は改修に要する費用

改修費補助金

定員を増員するため既存施設の改修に要する費用

運営費補助金

事業の実施に要する費用(食料費等を除く。)

新型コロナウイルス感染症対策関連費補助金

新型コロナウイルス感染症対策関連の事業の実施に要する費用

送迎車両改修費補助金

放課後児童の置き去りを防止する装置を送迎専用の車両に装着するために必要となる当該車両の改修に要する費用

(平20告示159・令4告示64・令5告示41・一部改正)

(補助金の額)

第6条 補助金の額は、別に定める基準額と民間放課後児童クラブが事業に要した費用の額から寄附金の額その他市長が認めた収入額を控除して得た額とを比較して、いずれか少ない額を限度として、予算の範囲内において市長が定める。

(その他)

第7条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

この告示は、公表の日から施行し、平成18年度分の補助金の交付から適用する。

(平成20年12月24日告示第159号)

この告示は、公表の日から施行し、平成20年度分の補助金の交付から適用する。

(平成28年9月5日告示第200号)

この告示は、公表の日から施行し、平成28年度分の補助金の交付から適用する。

(平成31年2月27日告示第19号)

この告示は、公表の日から施行する。

(令和4年3月30日告示第64号)

この告示は、公表の日から施行し、令和3年度分の補助金の交付から適用する。

(令和5年3月30日告示第41号)

この告示は、令和5年4月1日から施行する。

亀山市放課後児童健全育成事業補助金交付要綱

平成19年3月23日 告示第40号

(令和5年4月1日施行)

体系情報
第9編 生/第1章 社会福祉/第3節 児童・母子福祉
沿革情報
平成19年3月23日 告示第40号
平成20年12月24日 告示第159号
平成28年9月5日 告示第200号
平成31年2月27日 告示第19号
令和4年3月30日 告示第64号
令和5年3月30日 告示第41号