○亀山市文化大使設置要綱

平成25年4月1日

(設置)

第1条 本市の魅力及び良さを広く国内外に発信し、イメージアップを図り、もって文化の振興に資するため、亀山市文化大使(以下「大使」という。)を置く。

(委嘱等)

第2条 市長は、次のいずれにも該当する者のうちから、適任であると認める者を大使として委嘱することができる。

(1) 本市の出身者又は本市にゆかりのある者

(2) 文学、芸術、スポーツ、芸能等の文化的分野において活躍している者

(3) 本市に愛着を持ち、大使としての活動に積極的に取り組む意欲があると認められる者

2 市長は、大使として委嘱した者が次の各号のいずれかに該当するときは、大使を解嘱することができる。

(1) 大使から辞退の申出があったとき。

(2) 大使としての適性に欠ける行為があったとき。

(3) その他特別な事情があったとき。

(任期)

第3条 大使の任期は、3年とする。

(活動)

第4条 大使は、次に掲げる活動を行う。

(1) 市の魅力を活かしたシティセールス

(2) 市の文化振興に関する提案

(3) 市が実施する各種行事への協力

(4) その他市長が必要と認める活動

(報酬等)

第5条 大使の活動に対する報酬は、支給しない。

2 市長は、大使が前条の活動を行うため、次に掲げるものを提供することができる。

(1) 名刺

(2) 市に関する情報誌や観光パンフレット等

(3) その他市長が大使の活動に必要と認めるもの

(庶務)

第6条 大使に関する事務は、文化課が行う。

(平30.3.30・令4.3.31・一部改正)

(その他)

第7条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、別に定める。

この要綱は、平成25年4月1日から施行する。

(平成30年3月30日)

この要綱は、平成30年4月1日から施行する。

(令和4年3月31日)

この要綱は、令和4年4月1日から施行する。

亀山市文化大使設置要綱

平成25年4月1日 種別なし

(令和4年4月1日施行)

体系情報
第4編 行政通則/第10章 その他
沿革情報
平成25年4月1日 種別なし
平成30年3月30日 種別なし
令和4年3月31日 種別なし