○亀山市空家等対策の推進に関する条例施行規則

平成28年9月30日

規則第47号

(趣旨)

第1条 この規則は、亀山市空家等対策の推進に関する条例(平成28年亀山市条例第24号。以下「条例」という。)の施行に関し、必要な事項を定めるものとする。

(亀山市空家等対策協議会)

第2条 条例第8条第1項に規定する亀山市空家等対策協議会(以下「協議会」という。)の委員は、市長のほか、次の各号に掲げる者のうちから市長が委嘱し、又は任命する。

(1) 法務、不動産又は建築に関する学識経験を有する者

(2) 市民団体の代表者

(3) その他市長が必要と認める者

2 協議会に会長及び副会長を置く。

3 会長は委員の互選により定め、副会長は会長が指名する。

4 前各項に定めるもののほか、協議会の運営に関し必要な事項は、会長が協議会に諮って定める。

(指導)

第3条 条例第10条第1項の規定による指導は、管理不全状態の空家等に対する指導書(様式第1号)により行うものとする。

(勧告)

第4条 条例第10条第2項の規定による勧告は、管理不全状態の空家等に対する勧告書(様式第2号)により行うものとする。

(緊急安全措置)

第5条 条例第11条第1項に規定する必要最小限度の措置(以下「緊急安全措置」という。)は、次の各号に掲げるものとする。

(1) 危険を知らせる看板及びバリケードの設置

(2) 建物に対する防御シートによる補強

(3) 立木竹に対するロープによる補強又は伐採

(4) 前各号に掲げるもののほか、市長が必要と認める措置

2 市長は、緊急安全措置を講ずる場合は、その措置を自ら行い、又はその命じた者に行わせることができる。

3 前項の規定により緊急安全措置を講ずることを命じられた者は、その身分を示す空家等緊急安全措置従事者証(様式第3号)を携帯し、関係者の請求があったときは、これを提示しなければならない。

4 条例第11条第2項の規定による通知は、緊急安全措置実施通知書(様式第4号)により行うものとする。

(その他)

第6条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

この規則は、公布の日から施行する。

画像

画像

画像

画像

亀山市空家等対策の推進に関する条例施行規則

平成28年9月30日 規則第47号

(平成28年9月30日施行)