○可児市都市づくり研究会設置要綱

昭和60年10月15日

訓令甲第13号

(設置)

第1条 市長の諮問に応じ、各種都市施設の整備の企画立案について研究及び調整を行い、市行政の計画的かつ効率的な推進を図るとともに魅力的な街づくりに資するため、可児市都市づくり研究会(以下「研究会」という。)を設置する。

(研究会の組織)

第2条 研究会は、委員長、副委員長及び委員若干人をもって組織する。

2 委員長は副市長、副委員長は建設部長をもって充て、委員は職員のうちから市長が任命する。

(委員長の職務)

第3条 委員長は、研究会を総括する。

2 委員長に事故があるとき、又は委員長が欠けたときは、副委員長がその職務を代理する。

(研究会の招集)

第4条 研究会の会議は、必要に応じて委員長が招集する。

(関係職員の出席)

第5条 委員長は、必要と認める場合は、関係職員に対し研究会の会議への出席を求めることができる。

(研究会の庶務)

第6条 研究会の庶務は、建設部都市計画課において処理する。

(委任)

第7条 この要綱に定めるもののほか研究会の運営について必要な事項は、委員長が定める。

付 則

この訓令は、昭和60年10月15日から施行し、昭和60年5月1日から適用する。

付 則(昭和62年訓令甲第13号)

この訓令は、昭和62年4月1日から施行する。

付 則(平成10年訓令甲第27号)

この訓令は、平成10年4月1日から施行する。

附 則(平成19年訓令甲第9号)

この訓令は、平成19年4月1日から施行する。

可児市都市づくり研究会設置要綱

昭和60年10月15日 訓令甲第13号

(平成19年4月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第7章 附属機関等
沿革情報
昭和60年10月15日 訓令甲第13号
昭和62年4月1日 訓令甲第13号
平成10年4月1日 訓令甲第27号
平成19年3月29日 訓令甲第9号