○可児市教育委員会表彰規則

昭和61年3月1日

教育委員会規則第2号

(目的)

第1条 この規則は、可児市の教育、学術及び文化の振興発展に貢献したものを表彰することを目的とする。

(表彰の範囲)

第2条 学校(市内の小学校、中学校及び高等学校をいう。)の児童又は生徒で、次の各号のいずれかに該当するものがあるときは、これを表彰する。

(1) 特に優秀な調査研究、発明発見又は工夫考案したもの

(2) 児童若しくは生徒の名誉を高め、又は他の模範とするに足る行為のあったもの

(3) 前2号に定めるもののほか、表彰に値すると認める成績又は行為のあったもの

第3条 教育関係団体若しくはその他の団体又は個人であって、次の各号のいずれかに該当するものがあるときは、これを表彰する。

(1) 学校教育、社会教育及び社会体育の振興に貢献し、その功績が顕著なもの

(2) 学術、芸術、体育その他文化の振興に貢献し、その功績が顕著なもの

(3) 前2号に定めるもののほか、表彰に値すると認める業績又は行為のあったもの

(表彰の方法)

第4条 表彰は、表彰状を授与して行うものとする。この場合において、副賞として賞金又は賞品を授与することができる。

(感謝状の贈呈等)

第5条 可児市の教育、学術及び文化の振興発展のため多額の金品を寄附したもの又は奇特な行為をなしたもので他の模範となるものに対して、感謝状を授与することができる。この場合において、副賞として賞金又は賞品を授与することができる。

(表彰等前の死亡)

第6条 表彰又は感謝状を受けるべき者が当該表彰等を受ける前に死亡したときは、当該表彰状又は感謝状及び副賞は、これをその遺族に授与するものとする。

(再表彰等)

第7条 既に表彰したもの又は感謝状を授与したものであっても、その後の功績等により更に表彰し、又は感謝状を授与することができる。

(表彰等の時期)

第8条 表彰及び感謝状の授与は、毎年度1回行うものとする。ただし、特に必要があるときは、臨時に行うことができる。

(被表彰者の推薦)

第9条 この規則による表彰の被表彰者の候補者を推薦しようとする者は、推薦書(別記様式第1号)に次に掲げる書類を添えて可児市教育委員会(以下「教育委員会」という。)に提出するものとする。

(1) 功績調書(別記様式第2号)

(2) 個人においては履歴書(別記様式第3号)

2 表彰の推薦をした者は、推薦書その他提出書類の記載事項に異動が生じたときは、速やかに教育委員会に報告しなければならない。

(表彰者等の決定)

第10条 表彰及び感謝状の授与の決定は、教育委員会会議において行うものとする。

(被表彰者の公表)

第11条 この規則により表彰を受けたものについては、公表するものとする。

(雑則)

第12条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、別に定める。

付 則

1 この規則は、昭和61年3月1日から施行する。

付 則(平成7年教委規則第14号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成19年教委規則第5号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成24年教委規則第6号)

この規則は、平成24年7月27日から施行する。

附 則(平成27年教委規則第10号)

この規則は、平成28年1月1日から施行する。

画像

画像画像

画像

可児市教育委員会表彰規則

昭和61年3月1日 教育委員会規則第2号

(平成28年1月1日施行)

体系情報
第7編 育/第1章 教育委員会
沿革情報
昭和61年3月1日 教育委員会規則第2号
平成7年12月19日 教育委員会規則第14号
平成19年8月22日 教育委員会規則第5号
平成24年7月27日 教育委員会規則第6号
平成27年11月26日 教育委員会規則第10号