○可児川防災等ため池組合公印規程

昭和62年7月1日

組合訓令第2号

(目的)

第1条 この規程は、可児川防災等ため池組合の公印について、必要な事項を定めるものとする。

(公印の種類)

第2条 公印の種類は次のとおりとし、その寸法及び印影は、別記のとおりとする。

イ 組合印

ロ 管理者印

ハ 管理者職務代理者印

ニ 会計管理者印

(公印の保管等)

第3条 公印は、事務局長が管理する。ただし、会計管理者印は、会計管理者が管理する。

2 公印は、堅固な容器に納め、執務時間以外には施錠しておかなければならない。

3 公印は、別記様式による公印台帳に登載し、新調又は改廃の経過を明らかにしなければならない。

(告示)

第4条 公印を新調し、又は改廃したときは、印影を付してその旨告示するものとする。

(公印の使用)

第5条 公印の押印を求めようとするときは、押印する文書等に決裁済みであることを確認できる書類を添えて、公印を管理する者の承認を受けなければならない。

(印影の印刷)

第6条 公印の押印にかえて印影を印刷する必要があるときは、第4条の規定に準じて告示するものとする。

付 則

この訓令は、昭和62年7月1日から施行する。

付 則(平成元年組合訓令第1号)

この訓令は、平成元年1月18日から施行する。

付 則(平成19年組合訓令第1号)

この訓令は、平成19年4月1日から施行する。

画像

画像

可児川防災等ため池組合公印規程

昭和62年7月1日 組合訓令第2号

(平成19年4月1日施行)

体系情報
第14編 その他
沿革情報
昭和62年7月1日 組合訓令第2号
平成元年1月18日 組合訓令第1号
平成19年3月30日 組合訓令第1号