○可茂公設地方卸売市場組合処務規則

平成23年4月1日

組合規則第1号

(目的)

第1条 この規則は、可茂公設地方卸売市場組合(以下「組合」という。)の処務について必要な事項を定めることを目的とする。

(組織)

第2条 組合に事務局を置く。

(職員)

第3条 事務局に事務局長を置く。

2 事務局に事務職員を置く。

3 前各号に掲げる者のほか、事務局にその事務を処理するため必要な職員を置くことができる。

(職務)

第4条 事務局長は、管理者の命を受けて組合の事務を総括し、組合の職員を指揮監督する。

2 事務職員は、上司の命を受け、事務に従事する。

(副管理者の専決事項)

第5条 副管理者の専決事項は、可児市事務決裁規程(昭和56年可児町訓令第17号。以下「可児市規程」という。)に定める副市長の専決事項に属するものとする。

(事務局長の専決事項)

第6条 事務局長の専決事項は、可児市規程の部長及び課長の共通的専決事項のほか、企画部長、総務部長、企画部財政課長並びに総務部秘書広報課長及び管財検査課長の専決事項に属するものとする。

(代決)

第7条 管理者が不在のときは、副管理者がその事務を代決する。

2 副管理者が不在のときは、事務局長がその事務を代決する。

(準用)

第8条 この規則に定めるもののほか、事務の専決及び代決については可児市規程、公文書の取り扱いについては、可児市文書管理規程(平成12年可児市訓令甲第8号)の例による。

付 則

この規則は、平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成23年組合規則第2号)

この規則は、平成23年10月1日から施行する。

可茂公設地方卸売市場組合処務規則

平成23年4月1日 組合規則第1号

(平成23年10月1日施行)

体系情報
第13編 可茂公設地方卸売市場組合/第3章 組織・処務
沿革情報
平成23年4月1日 組合規則第1号
平成23年9月30日 組合規則第2号