○可児市運動公園馬事公苑の管理及び運営に関する規則

平成29年3月31日

規則第10号

(趣旨)

第1条 この規則は、可児市体育施設の設置及び管理に関する条例(平成11年可児市条例第32号。以下「条例」という。)の施行に関し、条例第2条に規定する可児市運動公園馬事公苑(以下「馬事公苑」という。)について必要な事項を定めるものとする。

(開場期間)

第2条 馬事公苑の開場時間は、午前9時から午後5時までとする。ただし、市長が特に必要と認めるときは、これを変更することができる。

(使用申請)

第3条 馬事公苑の使用を希望する者は、馬事公苑を使用する月の前月の1日から使用する日(以下「使用日」という。)までに可児市運動公園馬事公苑使用申請書(別記様式第1号)により市長に申請しなければならない。

(使用の許可)

第4条 市長は、前条の規定により申請を行った者に対し、馬事公苑の使用の許可をするときは、可児市運動公園馬事公苑使用許可書(別記様式第2号)を交付するものとする。

(使用申請の撤回等)

第5条 馬事公苑の使用の許可を受けた者が、その使用開始前に使用の申請を撤回し、又は申請の内容を変更しようとするときは、その旨を市長に届け出なければならない。

(使用料の減免)

第6条 条例第13条第1項ただし書の規定により減免する場合の基準は、次のとおりとする。

(1) 市が使用するとき。 100%

(2) その他市長が必要と認めるとき。 100%以内

(使用料の返還)

第7条 条例第13条第3項ただし書の規定により、使用料の返還を受けようとする者は、可児市運動公園馬事公苑使用料返還振込依頼書(別記様式第3号)を市長に提出しなければならない。

2 条例第13条第3項第2号の規則で定める日は、使用日前4日とする。

(遵守事項)

第8条 馬事公苑を使用する者(以下「使用者」という。)は、次の各号に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 馬事公苑の施設及びその付属設備(以下「施設等」という。)をき損し、又は滅失するおそれのある行為をしないこと。

(2) 騒音を発する、暴力を用いる等、他人に迷惑を及ぼす行為をしないこと。

(3) 天候不良等により施設等の状況が不良の場合は、当該施設等を使用しないこと。

(4) 施設において物品を展示し、若しくは販売し、又は金品の寄附、募金等の行為をしないこと(これらの行為について市長から許可を受けている場合を除く。)

(5) 使用の許可を受けた施設等以外の者は、使用しないこと。

(6) 使用の許可を受けた時間を守ること。

(7) 使用後に、施設等の点検、整理及び清掃をすること。

(8) その他施設等の管理運営上市長が行う指示に反する行為をしないこと。

(使用者の責任)

第9条 馬事公苑の使用に際して生じた事故の責任については、使用者が負うものとする。ただし、事故の原因が施設等の瑕疵による場合は、この限りでない。

(委任)

第10条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

1 この規則は、平成29年4月1日から施行する。

2 この規則の施行の日前に可児市体育施設の設置及び管理に関する条例施行規則の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

画像

画像

画像

可児市運動公園馬事公苑の管理及び運営に関する規則

平成29年3月31日 規則第10号

(平成29年4月1日施行)