○可茂広域公平委員会運営規則

平成29年3月31日

可茂広域公平委員会規則第1号

(目的)

第1条 この規則は、可茂広域公平委員会(以下「公平委員会」という。)の運営に関し必要な事項を定めることを目的とする。

(委員長の選挙)

第2条 公平委員会委員長(以下「委員長」という。)の選挙は、公平委員相互の無記名投票で行い、最多数を得た者をもって当選者とする。ただし、得票数が同数であるときは、くじで当選者を定める。

2 前項の選挙について、異議がないときは、指名推薦の方法を用いることができる。

(委員長の任期)

第3条 委員長の任期は、委員の任期による。

(委員長の代理)

第4条 委員長は、あらかじめ委員長の職務を代理する委員を指定しなければならない。

(委員及び委員長の辞任)

第5条 委員が辞任しようとするときは、辞任願を委員長に提出しなければならない。

2 委員長の辞任願は、委員長の職務を代理する委員に提出しなければならない。

(委員の政党加入等の届出)

第6条 委員が新たに政党に属し、又は政党の所属を変更したときは、委員長に届け出なければならない。

(関係団体の長への通知)

第7条 第2条第5条及び前条の規定による事項については、可茂広域公平委員会共同設置規約第1条に規定する市町村及び一部事務組合の長に通知するものとする。

(委員長の職務)

第8条 委員長が担任する事務は、おおむね次のとおりとする。

(1) 公平委員会の議決を要すべき事項につき議案を提出すること。

(2) 公平委員会の議決事項を執行すること。

(3) その他公平委員会の庶務に関すること。

(委員長の専決)

第9条 委員長は、次の事項について、専決することができる。

(1) 公平委員の出張に関すること。

(2) 公平委員会職員の任免に関すること。

(3) その他公平委員会の権限に属する事項で、その議決により特に指定したこと。

2 委員長は、前項の規定により専決した事項のうち特に重要なものは、公平委員会に報告しなければならない。

(事務の委任)

第10条 委員長は、その権限に属する事務の一部を公平委員会の職員に委任し、又は代行させることができる。

(職員の職名)

第11条 事務を行う職員の職名は、事務局長及び書記とする。

(事務局長及び書記)

第12条 事務局長は、公平委員会の命を受けて、書記を指揮監督し、公平委員会の事務を処理する。

2 書記は、上司の命を受け、公平委員会の事務に従事する。

(事務局長の職務代理)

第13条 事務局長に事故あるとき、又は事務局長が欠けたときは、上席の書記がその職務を代理する。

(文書の取扱い)

第14条 公平委員会の文書に関しては、可児市の文書の取扱いの例による。

(公告の方法)

第15条 公平委員会の規則その他の公告は、可児市の公告の例による。

(雑則)

第16条 この規則に定めるもののほか、公平委員会に関する事務処理については、可児市規則その他規程の例による。

附 則

この規則は、平成29年4月1日から施行する。

可茂広域公平委員会運営規則

平成29年3月31日 可茂広域公平委員会規則第1号

(平成29年4月1日施行)