○可児市PR用イラスト等使用規程

令和元年10月25日

訓令甲第30号

(趣旨)

第1条 この訓令は、可児市(以下「市」という。)を広くPRするために作成したイラスト及びロゴマーク(以下「イラスト等」という。)を使用する場合の取扱いに関し、必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この訓令においてイラスト等とは、別表に定めるものとする。

(使用料)

第3条 イラスト等の使用料は、無料とする。

(使用目的等)

第4条 イラスト等は、市の認知度の向上等を目的に、市の魅力を広くPRするために使用するものとする。

2 イラスト等の使用を希望する団体又は個人(以下「使用者」という。)は、可児市PR用イラスト・ロゴマーク使用連絡票(別記様式)を市長へ提出するものとする。

(使用上の遵守事項)

第5条 イラスト等は、市長が別に定める可児市PR用イラスト・ロゴマーク使用マニュアルに従って使用しなければならない。

(権利設定の禁止)

第6条 イラスト等の使用者は、イラスト等を用いて商標登録等著作物に関する自己の権利を新たに設定し、又は登録してはならない。

(使用の差止め)

第7条 市長は、イラスト等の使用につき次の各号のいずれかに該当する場合は、その使用を差し止めることができる。

(1) 市の品位を損ない、又は損なうおそれがあるもの

(2) 前2条の規定に従い使用されていないと判断されるもの

(3) 法令等に違反し、又は違反するおそれがあるもの

(4) 特定の個人、団体等を誹謗中傷するもの

(5) 政治及び宗教活動を目的とするもの

(6) 人種、思想、信条等の差別又は差別を助長させるもの

(7) 公序良俗に反し、又は反するおそれがあるもの

(8) その他、市長が不適切と判断するもの

(責任)

第8条 前条の規定の適用によって使用者が損害を受けても、市長は、これに対して賠償の責任を負わないものとする。

2 イラスト等の使用者がその使用によって第三者に対して損害又は損失を与えた場合、市長は、その責任を負わない。

3 イラスト等の使用者がその使用によって市に損害を与えた場合は、その損害を賠償しなければならない。

(委任)

第9条 この訓令に定めるもののほか、イラスト等の取扱いについて必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この訓令は、令和元年11月11日から施行する。

附 則(令和3年訓令甲第6号)

この訓令は、令和3年4月1日から施行する。

別表(第2条関係)

1 イラスト

種類

画像

画像

画像

画像

キャラクター名

画像

2 ロゴマーク

種類

画像

キャッチコピー

画像

画像

画像

可児市PR用イラスト等使用規程

令和元年10月25日 訓令甲第30号

(令和3年4月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 市長部局/第1節 事務分掌
沿革情報
令和元年10月25日 訓令甲第30号
令和3年4月1日 訓令甲第6号