○神流町役場支所設置条例施行規則

平成15年4月1日

規則第4号

(趣旨)

第1条 この規則は、神流町役場支所設置条例(平成15年神流町条例第8号。以下「条例」という。)第3条の規定に基づき、支所に関し必要な事項を定めるものとする。

(係の設置)

第2条 支所に住民係を置く。

(職の設置)

第3条 支所に支所長を置く。

2 支所に支所長補佐、係長その他必要な職員を置くことができる。

(職務権限)

第4条 前条に掲げる者の職責及び職務権限は、神流町行政組織規則(平成15年神流町規則第2号)を準用する。この場合において、同規則中「課長」とあるのは「支所長」と、「課長補佐」とあるのは「支所長補佐」とそれぞれ読み替えるものとする。

(事務分掌)

第5条 住民係の分掌する事務は、次のとおりとする。

(1) 住民基本台帳法(昭和42年法律第81号)に基づく届出及び証明等に関すること。

(2) 戸籍法(昭和22年法律第224号)に基づく届出、証明等に関すること。

(3) 個人番号に関すること。

(4) 印鑑の登録及び証明に関すること。

(5) 諸証明の交付に関すること。

(6) 住民異動に係る国民健康保険の被保険者資格の得喪及び被保険者証発行に関すること。

(7) 国民年金及び福祉年金の住所変更処理、被保険者資格の得喪及び相談に関すること。

(8) 町税の証明に関すること。

(9) 町税(国民健康保険税を含む。)、保険料、給食費、保育料、使用料、手数料等の収納に関すること。

(10) 埋火葬の許可等に関すること。

(11) 臨時運行許可に関すること。

(12) 各種申請受理事務に関すること。

(13) 住民の各種相談に関すること。

(14) 図書の貸出事務に関すること。

(15) 中里合同庁舎の管理に関すること。

(16) 神流町役場庁舎で所掌する事務の取次ぎに関すること。

(17) その他支所事務として必要な事項に関すること。

(決裁)

第6条 支所における事務の処理については、この規則に定めるもののほか、神流町事務決裁規程(平成15年神流町訓令第8号)を準用する。この場合において、同規則中「課長」とあるのは「支所長」と、「課長補佐」とあるのは「支所長補佐」とそれぞれ読み替えるものとする。

(代決)

第7条 支所長が不在のときは、支所長補佐がその職務を代決する。

2 支所長及び支所長補佐が不在のときは、係長が事務を代決する。

3 前2項の場合において、あらかじめその事務処理については、特に指示を受けたもの又は緊急やむを得ないもののほか、重要な事項及び異例若しくは疑義のある事項は、代決をしてはならない。

4 代決した事項については、速やかに後閲を受けなければならない。ただし、軽易な事項については、この限りでない。

(日誌及び報告)

第8条 支所長は、支所において事件及び重要事項があった場合、日誌に記録するとともに町長へ報告しなければならない。

(その他)

第9条 この規則に定めるもののほか、支所の庶務については、本庁の庶務の例による。

附 則

この規則は、平成15年4月1日から施行する。

附 則(平成27年12月18日規則第17号)

(施行期日)

第1条 この規則は、行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律(平成25年法律第27号。以下「番号法」という。)附則第1条第4号に掲げる規定の施行の日(平成28年1月1日)から施行する。

神流町役場支所設置条例施行規則

平成15年4月1日 規則第4号

(平成28年1月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第1節 事務分掌
沿革情報
平成15年4月1日 規則第4号
平成27年12月18日 規則第17号