○神流町文化財保護条例

平成15年4月1日

条例第82号

(目的)

第1条 この条例は、文化財保護法(昭和25年法律第214号。以下「法」という。)第182条第2項の規定に基づき、神流町の区域内に存在する文化財の保存及び活用について規定することを目的とする。

(定義)

第2条 この条例において「文化財」とは、法第2条第1項各号に掲げる有形文化財、無形文化財、民俗文化財及び記念物をいう。

(指定)

第3条 神流町教育委員会(以下「教育委員会」という。)は、町の区域内に存在する文化財のうち、法及び群馬県文化財保護条例(昭和51年群馬県条例第39号。)による指定文化財を除き、町にとって重要なものを「神流町重要文化財」、「神流町重要無形文化財」、「神流町重要有形民俗文化財」、「神流町重要無形民俗文化財」、「神流町史跡」、「神流町名勝」又は「神流町天然記念物」に指定することができる。

(指定の解除)

第4条 教育委員会は、前条の規定により指定した文化財(以下「指定文化財」という。)次の各号のいずれかに該当するときは、指定を解除することができる。

(1) 町の区域内に存在しなくなったとき。

(2) 指定文化財としての価値を失ったと認められるとき。

(3) 前2号に掲げるもののほか、特別の事由があると認められるとき。

(告示及び通知)

第5条 教育委員会は、第3条の規定による指定及び前条の規定による指定の解除をしたときは、その旨を告示し、かつ、所有者又は権原に基づく占有者に通知しなければならない。

(現状変更等の制限)

第6条 指定文化財の現状を変更し、又はその保存に影響を及ぼすおそれのある行為をしようとする者は、教育委員会の許可を受けなければならない。

(捕獲等の禁止)

第7条 神流町指定天然記念物をその生息地から捕獲し、又は植生地から採取(以下「捕獲等」という。)してはならない。

(捕獲等の許可)

第8条 神流町指定天然記念物を飼育又は栽培を目的に捕獲等をしようとする者は、教育委員会の許可を受けなければならない。

(管理等の責任)

第9条 指定文化財の管理又は修理若しくは復旧は、所有者又は所有者に代わり当該指定文化財の管理の責めに任ずべき者(次条において「管理責任者」という。)の責任において行うものとする。

(補助)

第10条 指定文化財の管理又は修理若しくは復旧に多額の費用を要し、所有者がその負担に堪えないと認める場合その他特別の事由があると認める場合は、町は、その経費の一部に充てさせるため、予算の範囲内において所有者又は管理責任者に補助金を交付することができる。

2 前項の補助金を交付する場合には、教育委員会は、管理又は修理に関し必要な事項を指示するとともに、必要があると認めるときは、当該管理又は修理について指揮監督することができる。

(委任)

第11条 この条例の施行に関し必要な事項は、教育委員会規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成15年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の万場町文化財保護条例(昭和48年万場町条例第28号)又は中里村文化財保護条例(昭和51年中里村条例第19号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成17年3月15日条例第17号)

この条例は、平成17年4月1日から施行する。

神流町文化財保護条例

平成15年4月1日 条例第82号

(平成17年4月1日施行)