○神流町文化財保護条例施行規則

平成14年4月1日

教委規則第26号

(趣旨)

第1条 この規則は、神流町文化財保護条例(平成15年神流町条例第82号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(指定の同意及び申請)

第2条 神流町教育委員会(以下「教育委員会」という。)は、条例第3条の規定により指定しようとするときは、あらかじめ、当該文化財の所有者(所有者が判明しない場合を除く。)及び権原に基づく占有者(以下「所有者等」という。)に指定同意書(様式第1号)により、指定の同意を得るものとする。

2 条例第3条の規定による指定を受けようとするときは、その所有者等は、指定申請書(様式第2号)を教育委員会に申請しなければならない。

(指定書の通知等)

第3条 条例第5条の規定による指定の通知は、教育委員会が、神流町文化財指定書(様式第3号)を所有者等に交付することにより行うものとする。ただし、無形文化財については、神流町無形文化財指定書(様式第4号)をその保持者に交付するものとする。

2 指定書を紛失し、若しくは滅失し、又は破損したときは、指定書再交付申請書(様式第5号)を教育委員会に提出し、指定書の再交付を受けることができる。

(指定の解除通知)

第4条 条例第5条の規定による指定の解除通知は、神流町指定文化財指定解除通知書(様式第6号)を所有者等に交付することにより行うものとする。

(所有者等の変更の届出)

第5条 条例第3条による指定文化財の所有者等が変更したときは、神流町指定文化財所有者等変更届出書(様式第7号)を教育委員会に提出しなければならない。

2 指定文化財の所有者等又は保持者がその住所氏名を変更したときは、神流町指定文化財所有者等(保持者)住所(氏名)変更届出書(様式第8号)を教育委員会に提出しなければならない。

3 指定文化財の所在場所を変更しようとするときは、所有者等は、あらかじめ神流町指定文化財所在変更届出書(様式第9号)を教育委員会に提出しなければならない。

4 指定文化財の全部又は一部が滅失し、若しくはき損し、又は亡失したときは、所有者等は、神流町指定文化財滅失(き損、亡失)届出書(様式第10号)を教育委員会に提出しなければならない。

(現状変更等の許可申請等)

第6条 指定文化財の所有者等は、条例第6条の規定による指定文化財の現状変更等の許可を受けようとするときは、神流町指定文化財現状変更等許可申請書(様式第11号)を教育委員会に提出しなければならない。

2 現状変更の許可を受けた所有者等は、当該許可に係る現状変更等を終了したときは、速やかに、神流町指定文化財現状変更等終了届出書(様式第12号)を教育委員会に提出しなければならない。

(捕獲等の許可申請等)

第7条 条例第8条の規定による指定天然記念物の捕獲等の許可を受けようとする者は、神流町指定天然記念物捕獲(採取)許可申請書(様式第13号)を教育委員会に提出しなければならない。

2 捕獲等の許可を受けた者は、当該許可に係る捕獲等が終了したときは、速やかに、神流町指定天然記念物捕獲(採取)終了届出書(様式第14号)を教育委員会に提出しなければならない。

(標識等の設置)

第8条 指定文化財の標識、説明板等は、教育委員会が設置するものとする。

(修理の届出)

第9条 指定文化財の所有者等は、当該指定文化財を修理しようとするときは、神流町指定文化財修理届出書(様式第15号)を教育委員会に提出しなければならない。

(その他)

第10条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成15年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の万場町文化財保護条例施行規則(昭和48年万場町教育委員会規則第9号)又は中里村文化財保護条例施行規則(昭和52年中里村教育委員会規則第1号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの規則の相当規定によりなされたものとみなす。

画像

画像

画像画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

神流町文化財保護条例施行規則

平成14年4月1日 教育委員会規則第26号

(平成14年4月1日施行)