○神流町生活改善センター条例

平成15年4月1日

条例第114号

(設置)

第1条 町民の生活改善を図り、家庭生活の近代化を促進するため、及び生活技術の普及、講習、研修、展示、読書、保健相談、集会等の利用に資するため生活改善センターを設置する。

(名称及び位置)

第2条 生活改善センターの名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

西部生活改善センター

神流町大字平原783番地

(管理者)

第3条 生活改善センター(以下「センター」という。)の管理者は、町長とする。

(利用)

第4条 センターは、第1条の目的以外に利用してはならない。ただし、町長が特に必要があると認めたときは、この限りでない。

(利用の許可)

第5条 センターを利用しようとする者は、あらかじめ町長の許可を受けなければならない。

(利用の制限)

第6条 町長は、次の各号のいずれかに該当すると認めるときは、センターの利用許可を取り消すものとする。

(1) 利用目的に違反したとき。

(2) 管理上支障があると認めたとき。

(3) 利用中に著しく秩序を乱す行為等があるとき。

(使用料)

第7条 センターの使用料は、無料とする。ただし、西部生活改善センターを私的用務のため利用する者は、別表に定める使用料を納付しなければならない。

(賠償責任)

第8条 利用者は、故意又は過失によって、センターの施設、設備等を損傷し、又は滅失したときは、その損害を賠償しなければならない。ただし、町長が損害を賠償させることが適当でないと認めるときは、この限りでない。

(委任)

第9条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成15年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の万場町生活改善センターの設置及び管理に関する条例(昭和44年万場町条例第20号)又は中里村生活改善センターの設置及び管理に関する条例(昭和55年中里村条例第1号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの条例によりなされたものとみなす。

附 則(平成16年12月20日条例第26号)

この条例は、公布の日から施行する。

別表(第7条関係)

西部生活改善センター使用料基準

区分

集会室

研修室

保健相談室

調理室

什器備品

6時間以内

1,500円

500円

250円

500円

250円

12時間以内

3,000円

1,000円

500円

1,000円

500円

18時間以内

4,500円

1,500円

750円

1,500円

750円

24時間以内

6,000円

2,000円

1,000円

2,000円

1,000円

神流町生活改善センター条例

平成15年4月1日 条例第114号

(平成16年12月20日施行)

体系情報
第8編 産業経済/第2章 林/第1節
沿革情報
平成15年4月1日 条例第114号
平成16年12月20日 条例第26号