○神流町町有林運営審議会条例

平成15年4月1日

条例第129号

(設置)

第1条 神流町町有林の管理及び造成について審議するため、神流町町有林運営審議会(以下「審議会」という。)を設置する。

(所掌事務)

第2条 審議会は、神流町町有林(以下「町有林」という。)の管理及び造成に関する重要な事項について、町長の諮問事項を審議し、その結果を答申するものとする。

2 審議会は、町有林の管理及び造成について必要と認める事項を町長に建議することができる。

(組織)

第3条 審議会の委員は、山林の造成、管理及び経営について専門の知識又は経験を有する者のうちから町長が選任する。

2 審議会の委員は、議会の議員及び町の常勤の職員と兼ねることができない。

(定数)

第4条 審議会の委員の定数は、10人以内とする。

(任期)

第5条 審議会の委員の任期は、4年とする。ただし、補欠により就任した者の任期は、前任者の残任期間とする。

(会議)

第6条 審議会は、委員の定数の2分の1以上が出席しなければ会議を開くことができない。ただし、再招集のときは、この限りでない。

2 議事は、出席委員の過半数で決定し、可否同数のときは、会長の決するところによる。

(招集)

第7条 審議会は、必要に応じ、会長がこれを招集する。ただし、最初に招集される審議会は、町長が招集する。

2 会長は、審議会を招集するときは、町長にこれを通知しなければならない。

(役員)

第8条 審議会に、次の役員を置く。

会長 1人

副会長 1人

2 役員は、委員の互選により選任する。

3 役員は、辞任したとき、又は任期が満了した場合においても後任者が就任するまでは、なお従前の職務を行うものとする。

(役員の職務)

第9条 会長は、審議会を代表し、会務を総理する。

2 副会長は、会長を補佐し、会長に事故があるときは、その職務を代理する。

(会長の権限)

第10条 会長は、職務遂行に関し必要と認めるときは、町長に対し参考資料の提出を求めることができる。

2 会長は、町有林の利害関係者を会議に出席を求め、説明させることができる。

(委員の除斥)

第11条 委員は、自己又は3親等以内の親族に関係のある事件については、議事に参加することができない。ただし、審議会の同意があったときは、会議に出席し、発言することができる。

(報酬及び費用弁償)

第12条 委員の報酬及び費用弁償は、神流町特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例(平成15年神流町条例第35号)のに定めるところによる。

(委任)

第13条 この条例に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この条例は、平成15年4月1日から施行する。

附 則(平成18年12月18日条例第40号)

この条例は、平成19年4月1日から施行する。

神流町町有林運営審議会条例

平成15年4月1日 条例第129号

(平成19年4月1日施行)