○神流町爽やか森生活村づくり事業費補助金交付要綱

平成17年6月24日

告示第41号

(趣旨)

第1条 この告示は、活力ある森林山村づくりを推進するため、爽やか森生活村づくり事業(以下「事業」という。)に要する経費について、予算の範囲内において、補助金を交付するものとし、その交付に関しては、群馬県爽やか森生活村づくり事業費補助金交付要綱(平成17年5月10日林振第117―1号)及び神流町補助金等に関する規則(平成15年神流町規則第32号)に定めるもののほか、この告示の定めるところによる。

(補助対象事業等)

第2条 前条に規定する事業及び補助対象経費並びに補助率は、別表に定めるとおりとする。

(事業計画)

第3条 この補助金を受けて当該事業を実施しようとする者(以下、「補助事業者」という。)は、別に定める様式により事業計画書を作成し、町長が別に定める日までに提出しなければならない。

(交付申請)

第4条 補助金を受けようとする補助事業者は、爽やか森生活村づくり事業費補助金交付申請書(様式第1号。以下「交付申請書」という。)を町長が別に定める日までに申請しなければならない。

(交付決定)

第5条 町長は、交付申請書が提出された場合、その内容が適当と認められたときは、爽やか森生活村づくり事業費補助金交付決定通知書(様式第2号)により補助事業者に交付決定するものとする。

(変更の承認)

第6条 補助事業者は、交付申請書に変更が生じた場合、爽やか森生活村づくり事業変更承認申請書(様式第3号)を町長に提出しなければならない。

(概算払)

第7条 町長は、補助事業の遂行上特に必要と認めたときは、概算払により補助金を交付することができる。

2 前項の規定による概算払によって補助金の交付を受けようとする補助事業者は、爽やか森生活村づくり事業費補助金概算払請求書(様式第4号)により町長に請求しなければならない。

(実績報告)

第8条 補助事業者は、事業が完了したときは、爽やか森生活村づくり事業実績報告書(様式第5号)を町長が指定する日までに提出しなければならない。

(その他の書類)

第9条 町長は、特に必要があると認めるときは、補助事業者に対し、事業に係る関係書類の提出を求めることができる。

(その他)

第10条 この告示に定めるもののほか、必要な事項については、町長が別に定める。

附 則

この告示は、平成17年6月24日から施行し、平成17年度の事業から適用する。

別表(第2条関係)

事業

補助対象経費

補助率

爽やか森生活村づくり事業

1 林業構造改善事業、林業・木材産業構造改革事業及び林業・木材産業等振興施設整備交付金により実施した事業主体(ただし、計画時点において、当該施設等を活用しているものに限る。)が、爽やか森生活村づくり事業計画(以下「事業計画」という。)に基づいて行う事業に要する次の経費に対し、補助事業者が実施する場合における当該補助対象経費

(1) 経営診断事業に要する経費

(2) 森林療法推進施設整備事業に要する経費

(3) 機械・機能改善事業に要する経費

(4) 林地還元施設整備事業に要する経費

2 林業・木材産業等振興施設整備交付金による事業を計画している事業主体が、事業計画に基づいて行う計画診断事業に要する経費に対し、補助事業者が実施する場合における当該補助対象経費

1の(1)及び2については事業費の10分の7以内


1の(2)(3)(4)については事業費の10分の6以内

画像画像画像

画像

画像

画像

画像画像

神流町爽やか森生活村づくり事業費補助金交付要綱

平成17年6月24日 告示第41号

(平成17年6月24日施行)