○神流町農業用用排水施設条例

平成17年9月16日

条例第28号

神流町農業用用排水施設条例(平成15年神流町条例第126号)の全部を次のように改正する。

(設置)

第1条 農産物の生産向上を推進し、農業振興を図ることによる中山間地域の活性化に資するため農業用用排水施設を設置する。

(名称及び位置)

第2条 農業用用排水施設の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

神流町農業用用排水施設

神流町大字万場569番地ほか

(指定管理者による施設の管理)

第3条 神流町農業用用排水施設(以下「用排水施設」という。)の効果的利用を図るため、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第3項の規定により、管理に関する業務を町長が指定する法人又はその他の団体(以下「指定管理者」という。)に行わせるものとする。

2 前項の指定管理者は、用排水施設の管理業務を行うにあたって、関係法令及びこの条例並びに協定書を遵守するとともに、用排水施設の設置目的に従い、最も効果的な施設の利用が行えるようその管理に努めなければならない。

(指定管理者の指定の手続き)

第4条 前条の指定管理者を指定する手続き等については、神流町公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例(平成17年神流町条例第24号)の規定による。

(指定管理者が行う業務)

第5条 指定管理者は、次に掲げる業務を行うものとする。

(1) 用排水施設の巡回業務に関すること。

(2) 軽微な故障や損傷の修繕に関すること。

(3) 前2号に掲げるもののほか、施設の維持管理に関すること。

(指定管理者の指定の期間)

第6条 指定管理者が用排水施設管理を行う期間は、指定の日から起算して3年間とする。

(利用の制限)

第7条 用排水施設の利用者は、県営中山間地域活性化整備事業万場地区で造成された施設の受益者に限る。

(委任)

第8条 この条例で定めるもののほか、用排水施設の管理に関し必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この条例は、平成17年9月16日から施行する。

神流町農業用用排水施設条例

平成17年9月16日 条例第28号

(平成17年9月16日施行)