○神流町林業再生緊急路網整備事業補助金交付要綱

平成21年12月18日

告示第80号

(趣旨)

第1条 町長は、林業生産基盤の整備を図るため、当該事業に要する経費について、予算の範囲内で補助金を交付するものとし、その交付に関しては、群馬県林業再生緊急路網整備事業補助金交付要綱(平成21年6月15日林第30102―1号)及び、神流町補助金等に関する規則(平成15年神流町規則第32号。以下「規則」という。)に定めるもののほか、この告示の定めるところによる。

(補助対象事業等)

第2条 町長は、群馬県緑の産業再生協議会の構成員として登録したもので、別表に掲げる事業を行う次の各号に掲げるもの(以下「補助事業者」という。)に対し、補助金を交付するものとする。

(1) 森林組合

(2) 町長が適当と認めるもの

第3条 補助事業者は、年度別事業計画書を町長に提出しなければならない。

(補助金の交付申請等)

第4条 補助事業者は、補助金の交付申請をするときは、町長が別に定める期日までに神流町林業再生緊急路網整備事業補助金交付申請書(様式第1号。以下「申請書」という。)を提出しなければならない。

2 申請書を作成するにあたっては、当該補助金に係る消費税仕込控除税額(補助対象経費に含まれる消費税相当額のうち消費税法(昭和63年法律第108号)に規定する仕入れに係る「消費税額」として控除できる部分の金額に補助率を乗じて得た金額をいう。以下同じ。)がある場合には、これを減額して申請しなければならない。ただし、申請時において当該補助金に係る消費税額が明らかでない場合については、この限りではない。

(補助事業の変更)

第5条 補助事業者は、規則第9条第1項の規定により、町長の承認を得ようとするときは、神流町林業再生緊急路網整備事業変更承認申請書(様式第2号)を提出しなければならない。

2 規則第9条第1項の規定により、承認を得なければならない変更は、次の各号のいずれかに該当するものとする。

(1) 施行路線の変更

(2) 補助金の変更が伴う補助対象経費の増減

(3) 合計延長の20%を超える減少

(実績報告)

第6条 補助事業者は、規則第10条の規定により、神流町林業再生緊急路網整備事業実績報告書(様式第3号。以下「実績報告書」という。)を提出しなければならない。

2 実績報告書の作成に当たって、当該補助金に係る消費税仕入控除税額が明らかになった場合には、これを補助金額から減額して報告しなければならない。

3 実績報告書を提出した後において、消費税の申告により当該補助金額に係る消費税仕入控除税額が確定した場合は、その金額(前項の規定により減額した場合は、その金額が減じた額を上回る部分の金額)を消費税仕入控除税額報告書(様式第4号)により速やかに町長に報告するとともに、町長の指示に従い返還しなければならない。

(概算払)

第7条 補助事業者は、規則第12条の規定により、概算払を受けようとするときは、神流町林業再生緊急路網整備事業補助金の概算払請求書(様式第5号)を提出しなければならない。

(その他)

第8条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この告示は、平成21年12月18日から施行し、平成21年11月1日から適用する。

別表(第2条関係)

事業種目

事業の採択基準

補助対象経費

補助率

基幹作業道

小流域若しくは搬出系統を同じくする民有林団地内に、造林、保育、素材生産若しくはしいたけ生産に等施業面積が5h以上あり、林業機械の導入により施業の合理化を図る目的を有する場合、又は町長が特に必要と認めた場合で、次の規格構造を有する作業道の開設

① 幅員:路肩部を含めた全幅員が3.6m

② 勾配:勾配14%以下、100m以内に限り18%以下

③ 曲線半径:曲線半径6m以上で普通自動車の運行に支障のないもの

④ 工種、基準額等:別に定めるところによる。

群馬県が補助する場合における当該作業道を開設するのに要する経費

補助率及び補助金額の算出にあたっては下記のとおりとする。

① 1m当たり開設単価が14,000円以下の場合10/10以内

② 1m当たり開設単価が14,000円を超える場合は、下記により算出された金額

(開設延長×14,000円)(補助対象経費-開設延長×14,000円)×10/10以内

作業路

(林業経営作業道)

小流域若しくは搬出系統を同じくする民有林団地内に、造林、保育、素材生産若しくはしいたけ生産施設等施業面積が2ha以上ある場合、又は町長が必要と認めた場合で、次の規格構造を有する作業路の開設

① 幅員:路肩部分を含めた全幅員が3.0m

② 勾配とカーブの設定:小型自動車の運行に支障のないもの

③ 工種、基準額等:別に定める所による。

同上

補助率及び補助金額の算出にあたっては下記のとおりとする。

③ 1m当たり開設単価が2,000円以下の場合10/10以内

④ 1m当たり開設単価が2,000円を超える場合は、下記により算出された金額

(開設延長×2,000円)(補助対象経費-開設延長×2,000円)×10/10以内

作業路

(葉脈路)

小流域若しくは搬出系統を同じくする民有林団地内に造林、保育、若しくは素材生産、又はしいたけ生産施設等施業面積がある場合で、次の規格構造を有する施設

① 幅員:路肩部分を含めた全幅員が2.0m

② 延長:単年度当たり100m以上

③ 勾配とカーブの設定:林内作業車の運行に支障のないもの

④ 工種、基準額等:別に定めるところによる。

同上

補助率及び補助金額の算出に当たっては下記のとおりとする。

① 1m当たり開設単価が2,000円以下の場合10/10以内

② 1m当たり開設単価が2,000円を超える場合は、下記により算出された金額

(開設延長×2,000円)(補助対象経費-開設延長×2,000円)×2/3以内

画像画像画像

画像

画像画像画像

画像

画像

神流町林業再生緊急路網整備事業補助金交付要綱

平成21年12月18日 告示第80号

(平成21年12月18日施行)