○神流町環境保全型農業直接支援対策交付金交付要綱

平成23年9月16日

告示第57号

(趣旨)

第1条 この告示は、地球温暖化防止や生物多様性保全等に効果の高い営農活動に取り組む農業者等に対して、当該営農活動の実施に伴う追加的なコストを支援することにより、農業分野の有する環境保全機能を一層発揮させるため、神流町環境保全型農業直接支援対策交付金(以下「交付金」という。)に係る事業の実施に要する経費に対し、予算の範囲内において交付金を交付するものとし、交付に関しては、環境保全型農業直接支援対策実施要綱(平成23年4月1日22生産第10953号農林水産事務次官依命通知、以下「実施要綱」という。)、群馬県環境保全型農業直接支援対策交付金交付要綱(平成23年5月10日技第35―1号)及び神流町補助金等に関する規則(平成15年神流町規則第32号)に定めるもののほか、この告示に定めるところによる。

(交付対象等)

第2条 交付金の交付対象者は、神流町に圃場を有し、販売を目的として生産を行う有機農業グループであり、交付の対象となる事業及び交付額等は、別表に掲げるとおりとする。

(交付申請)

第3条 交付金の交付申請は、神流町環境保全型農業直接支援対策交付金交付申請書(様式第1号。以下「申請書」という。)を町長に提出しなければならない。

(交付決定)

第4条 町長は、申請書が提出された場合は、その内容を審査し、適当と認められたときは、補助金の交付の決定を行い、その旨を神流町環境保全型農業直接支援対策交付金交付決定通知書(様式第2号)により交付申請者に通知するものとする。

(変更承認申請等)

第5条 交付金の交付決定を受けた交付申請者(以下「交付事業者」という。)が、申請内容を変更するとき又は交付事業を中止しようとするときは、神流町環境保全型農業直接支援対策交付金変更承認申請書(様式第3号。以下「変更承認申請書」という。)を町長に提出し、その承認を受けなければならない。

2 町長は、変更承認申請書の提出があったときは、速やかにその内容を審査し、承認したときは、神流町環境保全型農業直接支援対策交付金変更交付決定通知書(様式第4号)により通知するものとする。

(概算払)

第6条 交付事業者は、補助金の概算払を受けようとするときは、神流町環境保全型農業直接支援対策交付金補助金概算払請求書(様式第5号)を町長に提出しなければならない。

(状況報告)

第7条 交付決定を受けた申請者は、12月31日現在の遂行状況について、遂行状況報告書(様式第6号)により、当該年度の1月31日までに町長に報告しなければならない。

(実績報告)

第8条 交付事業者は、事業完了後1月以内又は当該年度の3月31日のいずれか早い期限までに神流町環境保全型農業直接支援対策交付金実績報告書(様式第7号)を町長に提出しなければならない。

(その他)

第9条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この告示は、平成23年9月16日から施行し、平成23年5月10日から適用する。

附 則(平成27年10月31日告示第65―2号)

この告示は、告示の日から施行し、平成27年11月1日から適用する。

別表(第2条関係)

事業

経費の内容

交付額

環境保全型農業直接支払交付金

国の環境保全型農業直接支払交付金と一体的に交付金を支払う場合に要する費用

10a当たり 4,000円以内

内訳

町交付金 10a当たり 2,000円以内

県交付金 10a当たり 2,000円以内

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

神流町環境保全型農業直接支援対策交付金交付要綱

平成23年9月16日 告示第57号

(平成27年10月31日施行)