○神流町竹等粉砕機貸出要綱

平成28年5月11日

告示第29号

(目的)

第1条 この告示は、町内の竹林及び森林(以下「竹林等」という。)の整備や景観向上を目的として、竹林等の所有者に対し、町が保有する竹等粉砕機(以下「粉砕機」という。)の貸出しに関し必要な事項を定めるものである。

(貸出対象者)

第2条 粉砕機の貸出対象者(以下「借用者」という。)は、町内に竹林等を有するもの又はその所有者より委任を受けた個人、団体であって、次の各号いずれにも該当するものとする。

(1) 竹林等の管理を目的に行う者であること。

(2) 営利を目的とした作業を行う者でないこと。

(粉砕機)

第3条 町長が貸し出す粉砕機は、以下のとおりとする。

名称 粉砕機

型式 ゼノアチッパシュレッダ SR3100

付属品 アルミブリッジ

サイクロンアタッチメント

ほだ木ダクト

(利用の手続等)

第4条 借用者は、神流町粉砕機借用申請書(様式第1号)(以下「申請書」という。)を借用しようとする一週間前までに町長へ提出し、許可を得なければならない。

(粉砕機の貸出期間)

第5条 粉砕機の貸出期間は原則7日以内とする。ただし、町長が必要と認めるときは、期間を延長することができる。

(使用料及び費用負担)

第6条 粉砕機の使用料は無料とする。

2 粉砕機の運搬及び稼働に関する一切の費用は、借用者の負担とする。

(粉砕機の使用及び管理)

第7条 借用者は、粉砕機の使用及び管理について、善良な管理者の注意義務をもって適正に行わなければならない。

(借用者の遵守事項)

第8条 借用者は、粉砕機の使用にあたっては、次に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 申請書に記載した使用内容以外の目的に使用しないこと。

(2) 粉砕機の譲渡、処分又は転貸しないこと。

(3) 竹及び伐採木以外のものを粉砕しないこと。

(4) 粉砕機の使用は、町内の竹林等に限り、町外の竹林等には使用しないこと。

(5) 粉砕機を使用する前は、粉砕機の点検を行い、使用時は、ゴーグル、手袋、保護服等を着用するなど安全に努めること。

(6) 粉砕機の処理能力を超えて使用しないこと。

(7) 粉砕機に異常が発生した場合は、速やかに役場担当者へ連絡し、その指示に従うこと。

(8) 粉砕機使用後は、清掃を行った上で返却すること。

(貸与の取消し等)

第9条 町長は粉砕機の引渡し後において、申請書に虚偽の記載があったと認められたときは、貸出しの取消しをすることができる。

(事故等の届出)

第10条 借用者は、粉砕機による事故が発生したときは、直ちに町長に報告しなければならない。

(損害賠償等)

第11条 借用者は、故意又は不適切と認められる使用方法により、粉砕機を毀損し、又は紛失したときは、町長の指示に従い、借用者の負担において、修理又は原状に復さなければならない。

(貸出しの管理)

第12条 町長は、粉砕機の貸出しについて、借用者及び内容を神流町粉砕機貸出台帳(様式第2号)に記録し管理するものとする。

(その他)

第13条 この告示に定めるもののほか、粉砕機の貸出しに関し必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この告示は、平成28年5月11日に施行し、平成28年4月1日より適用する。

画像

画像

神流町竹等粉砕機貸出要綱

平成28年5月11日 告示第29号

(平成28年5月11日施行)